どんな状況でも書きやすいオススメノート!ZEQUENZ 360°(ジークエンス360°)

スポンサーリンク

こんにちは。神戸や大阪など関西を中心に活動している経営コンサルタントの荻田(オギタ)です。

今でこそiPhoneやiPadの普及により情報がデジタル化されてきたため、ノートなどの紙媒体を使うことが少なくなってきましたが、昔は自分に合うノートを探すために様々なものを買って試していました。

大きさや紙質、表紙の堅さなど、使ってみないと分からないですからねー。

色々と試しているうちに、私がノートに「どのような条件を求めているのか」が分かってきました。

  1. テーブルなどで180度開く。(手の支持なしで)
  2. 立った状態でも書きやすい。(片手で持ちやすい)
  3. 「しおりひも」がついている。
  4. ある程度のページ数があるけど軽い。

この条件を満たしていないと満足しないことが分かり、この条件に絞って試したのですが、これがなかなかないんですよねー。

そんな中、偶然見つけて購入したのが「ZEQUENZ 360°(ジークエンス360°)」でした。
使ってみると「ほぼ」さきほどの条件を満たしており、すでに2年ほど使っていますが、もう他のノートを使う気にはなりません。

今回はそれくらい私が気に入った「ZEQUENZ 360°(ジークエンス360°)」をご紹介いたします。

まず最初の条件「テーブルなどで180度開く」は余裕でクリアですね。

どのページでも綺麗に180度開きます。

どのページでも綺麗に180度開きます。私が使っているのは「スリムM(B6)方眼)です。

私はこの条件をかなり重視しています。
ノートはテーブルなどに置いて書くシチュエーションがほとんどだからです。

その多用するシチュエーションで見開きで開いてくれないとストレスたまりますよねー。

ちなみにリングノートは180度開きますが、あれはダメなんです。
あのリング部分が手に当たってイライラしてしまうんです。
リング付近は字も書きづらいですからねー。

ZEQUENZ 360°(ジークエンス360°)はテーブルに置くとキレイにパッタリと開いてくれます。
見開きがフラットになるので、書きやすさもバツグンです。

綴じ部分が本当によくできてるんですよねー。
180度開くノートで一般的によくあるのは、開くけどページが取れてしまうもの。
しかしZEQUENZ 360°(ジークエンス360°)はこんなにキレイに開くのにページが取れることもなく、しっかりしています。

そしてもうお気付きだと思いますが、その名の通り180度開くどころか、360度開いちゃいます。

こんなにキレイに360度開くんです。

こんなにキレイに360度開くんです。

360度開いた状態で持つと、立った状態でも書きやすいんです。
これで2つめの条件も楽々クリア。

なんでこんなに360度キレイに開くのかなーと不思議に思って色々試していると、綴じ部分の優秀さだけでなく、表紙の柔らかさも重要だと気づきました。

こんなにグニャリと曲がります。

こんなにグニャリと曲がります。

表紙が柔らかいだけなら他にも色々あるのですが、ZEQUENZ 360°(ジークエンス360°)の表紙は柔らかいのに耐久性もある、万能な表紙なんです。
調べてみると、ポリウレタンという合成皮革を使用しているそうです。
この素材が柔軟性と耐久性を兼ね備え、しかも手触りもサラサラしていていいんですよねー。

表紙はとてもいい手触りです。

表紙はとてもいい手触りです。サラサラしてます。

しかしこのノートも私の条件を全て満たしているわけではありません。
実は「しおりひも」はついていないんです。

こんな感じのマグネット式のしおりはついています。

付属のしおり。マグネット式になっていてページを挟むことができます。

付属のしおり。マグネット式になっていてページを挟むことができます。

こういう感じでページに挟むのですが、正直使いづらいので、私はすぐに捨てました。

ページに挟んだ状態。ちょっと面倒なんですよねー。

ページに挟んだ状態。ちょっと面倒なんですよねー。

ちなみに私がこれまでアップしてきた写真のZEQUENZ 360°(ジークエンス360°)には黄色い「しおりひも」がついてますよね?

これは元々ついていたものではなく、私が独自でつけたものなんです!

しおり紐がないから付けちゃった。最終ページにテープで留めてるだけです。

「しおりひも」がないから付けちゃった。最終ページにテープで留めてるだけです。

ノートに「しおりひも」があるかないかで使い勝手が全く変わってきますので、どうしても「しおりひも」が欲しいんです。
でもZEQUENZ 360°(ジークエンス360°)には付いてない。
でもこのノートを使いたい!
そうだ、自分で付けてしまえ!

ということで自分で付けました。

もしもZEQUENZ 360°(ジークエンス360°)を使うなら、この「しおりひも」は絶対にオススメです。

※無印良品で「しおりシール」という商品も見つけました!興味のある方は下記の記事をご覧下さい。

無印良品の「しおりシール」で、どんなノートや手帳も便利に大変身!

2016.05.28
ちゃんとノートの縦の長さより長い紐を付けましょうね。

ちゃんとノートの縦の長さより長い紐を付けましょうね。

私が使っているのは「スリムM(B6)方眼)です。
サイズは125×178×11mmで、100枚綴りですので200ページ分です。
重さは186g。これくらいの重さならそれほど気にならずいつでも持ち歩きできます。

このタイプで値段は1,000円です。
ノートで1,000円というと「高いなー」と感じる方が多いと思いますが、私はこのクオリティであれば決して高くはないと思っています。

片手で持ちやすいサイズ

片手で持ちやすいサイズ

このサイズが本当に絶妙でいいんですよね。
小さすぎず大きすぎず、そして重すぎずちょうどいいんです。

100枚、200ページもあれば、すぐに使い切ってしまうこともありません。

中の紙も薄すぎず厚すぎず、書き味もいいですよー。

私が愛用しているのは方眼ですが、横罫もあります。

私が使っているのは方眼です。

私が使っているのは方眼です。

また、表紙のカラーは黒以外にも赤や白もあります。

白の表紙。今使っている黒がなくなったら次に使う予定です。

白の表紙。今使っている黒がなくなったら次に使う予定です。

私はノートに毎日書くわけではないので、大体この一冊で1年以上もちます。
現在使用中の黒がもう少しで終わりそうなので、すでに次の分もストックしています。

次の分は表紙を白にしてみました。
汚れが目立ちそうな気もしますが、まあ使ってみないと分かりませんからねー。

もしもノートに私と同じような条件を求めている方がいらっしゃれば、一度使ってみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク