【18歳以上】大人用エアガンのクオリティ、安さ、そして威力に驚愕!「東京マルイ No.25 コルト ガバメント エアーHOPハンドガン」

スポンサーリンク

こんにちは。神戸や大阪など関西を中心に活動している経営コンサルタントの荻田(オギタ)です。

気づいたら、こんなものが家に。

東京マルイ No.25 コルト ガバメント

もちろん本物ではありません。エアガンです。

「エアガン」と「エアソフトガン」について
エアガンとエアソフトガンは厳密には違います。
日本で販売されているものは「エアソフトガン」なのですが、略して「エアガン」と呼ばれています。
しかし本当の「エアガン」は法律で所持を禁止されている、非常に危険なものです。
この記事で紹介しているものは当然「エアソフトガン」なのですが、一般的な呼称である「エアガン」で表記いたします。

それも18歳以上の、大人用エアガン。

サバイバルゲーム(エアガンで打ち合って遊ぶゲーム)をするわけでもないのに、なぜこんなものがあるのか?

まあ自分で買ったんですけどね。疲れてたんでしょうね。

外国の映画を見ていると銃の撃ちあいがありますよね。

それをみて「ハワイでガンシューティングしたの、楽しかったなー」と思い出し、「エアガンでも楽しめるかもな」とAmazonを調べたのが運の尽き。

まず18歳以上用の「大人向けエアガン」があることを知り、そこで「へー」

そしてそれが驚くほど安く、そしてなかなかのクオリティだと知って更に「へー」

「たまにこれで遊んだらストレス発散できそう」と都合のいい解釈が完成したところでポチッと購入。

種類がたくさんあるので迷いましたが、購入の基準として、まずは安いもの。できるだけ安いもの。

そして「ガスガン」ではなく「エアガン」。

ガスガンというのは、専用のガスを充填してBB弾を飛ばすもの。

専用ガスボンベが必要なので、ちょっと面倒ですし、コストもかかりますので初心者向けではありません。

そしてやっぱり18歳以上対象のもの。

せっかく大人(おやじ)なんだから、大人用の、威力が強いのがいい!

これらの条件に合致して購入したのがこちら。

注意
このエアガンは対象年齢が18歳以上です。18歳未満の方は絶対に買わないでください。

お値段なんと2,945円!(税込、2017年6月4日現在)

大人用なのに、こんなに安いの?

まあこの値段なのでおもちゃっぽい、安っぽい感じなんだろうな、と決めつけていたら、驚きにクオリティのものが届きました。

まずはパッケージ。

パッケージ

パッケージはとってもおもちゃっぽい!

この時点では「やっぱりな」という感じでした。

まあおもちゃって感じのパッケージです

フタを開けると説明書きが何枚かありました。

箱を開けたところ

紙を取ってみると、エアガンとお目見え。

エアガンとBB弾が入ってます

おおっ、なんかよさそう!

思ってたのと違う。質感高いぞ!

銃口には赤い保護キャップがついています。

銃口に赤いものがついてる

とりあえず各部を見てみましょう。

グリップ部分にはホップアップシステム搭載の旨が。

ホップアップシステムを搭載

ホップアップシステムというのは、BB弾に上向きの回転をかけることで遠くまで弾が飛ぶ、というシステムです。

反対側には注意書きのシールが貼ってあります。

注意書き

  • 発射口には常に保護キャップを付けておく事
  • 失明の危険ああるため発射口はのぞかない事
  • (注意・説明書)を良く読んでから使用する事
  • 発射口は人や動物に向けない事

おもちゃとはいえ、かなりの威力です。

間違った使い方をすると危険ですので、注意書きを守る必要があります。

銃口に付いている赤い保護キャップは簡単に抜いて取り外せます。

使う時は赤い保護キャップを外します

下の画像の矢印部分が、マガジンを外すためのボタンです。

マガジン取り外し用のボタン「マガジンキャッチ」

BB弾を入れるためにはマガジンを外す必要があります。

その際、このマガジンキャッチを押すと、マガジンがスルッと落ちてきます。

マガジンキャッチを押すと

マガジンが外れます

ストンと落ちるので、手で受けないと落ちてしまいます。

とてもスムーズな作りです。

安全装置もついてます。

安全装置

この安全装置を上げることでスライドを引くことができなくなります。

また、トリガーもロックされるので、仮にスライドを引いた後の状態でも安全装置を上げれば発射できなくなります。

安全装置を上げるとスライドを引くことも、トリガーを引くこともできなくなります

撃鉄(ハンマー)もついており、これも動きます。

撃鉄(ハンマー)

基本的にはスライドを引いた際に後ろにロックされるのですが、スライドを引かずに指で引いても後ろにロックされます。

ただし指で引いただけではBB弾を発射できませんので、撃鉄の動きはあくまでも飾りです。

指でひくことはできますが、飾りです

スライドストップもついています。

スライドストップは完全ダミー

本物の銃の場合、全ての弾を撃ち終わると上部のスライドが後ろの位置で止まります。

映画や海外ドラマで見たことありませんか?

その状態をホールドオープンというのですが、これを実現させるのがこの「スライドストップ」という部品。

このエアガンにもスライドストップは付いていますが、完全なダミーです。

機構上、ホールドオープンしませんからね。

それでは実際に撃ってみましょう。

手に持つとこんな感じ。

手に持った感じ

うーん、約3,000円とは思えないクオリティです。

重さを量ってみると393gでした。

もっと重い方が本物っぽさを感じることができますが、それでも初めて持ったときは「意外と重量感がある」とワクワクします。

BB弾を入れるため、マガジンキャッチを押してマガジンを出します。

マガジンが大きい!なんとフルサイズ!

このあたりもなかなかリアルで雰囲気だしてます。いい感じです。

マガジンを外して並べた

BB弾が付いているので、まずはそれを使います。

付属のBB弾

付属のBB弾は「6mm 0.25g」というスペックで150発入り。

これをマガジンの丸い穴にBB弾を押し込んで装填します。

BB弾を押し込むことで弾を装填できます

マガジンに装填できるBB弾は25発。

25発入れると、押し込んでも入らなくなります。

BB弾装填完了

25発入ったらマガジンをエアガンに戻します。

マガジンはカチッと音がなるまで押し込みます

後はスライドを後ろに「カチッ」と音が鳴るまで引き、トリガー(引き金)を引けば弾が発射されます。

スライド部分を手動で引く

そうそう、照準の合わせ方はご存じですか?

やり方は簡単。

銃の上部にある「リアサイト」と「フロントサイト」の凹凸とターゲットを一直線上に合わせるだけです。

リアサイト

フロントサイト

構えたときにはこのように見えますので、それぞれの凹凸とターゲットを1点に合わせます。

リアサイトの凹

フロントサイトの凸

まずは5m離れたダンボールを撃ってみました。

BB弾がめり込んだり貫通したりしてます

おお、スゴイ!

ほとんどが貫通し、めり込んだのは30%ほど。

スゴイ威力だ…。

ちなみにこのダンボール、箱状にしていたのですが、反対側に貫通したものも多くありました。

まさかここまで威力があると思っていなかったので、ダンボール2枚を貫通して向こう側の木の扉がBB弾でへこんでしまいました。

しまったー!

5mでは近すぎたんですね。

気をつけないと家具や壁などを損傷する恐れがあります。みなさんも遊ぶ際には十分に注意してください。

さあ、これから早速ターゲットを狙って遊ぶわけですが、それはまた別記事でご紹介します。

注意
このエアガンは対象年齢が18歳以上です。18歳未満の方は絶対に買わないでください。
スポンサーリンク
スポンサーリンク