「ザ・シークレット」は二度以上読め! 〜その3 実践と気づき〜

スポンサーリンク

こんにちは。神戸や大阪など関西を中心に活動している経営コンサルタントの荻田(オギタ)です。

さて、私の人生を変えた本「ザ・シークレット」について、過去2回、記事を書いてきました。

「ザ・シークレット」は二度以上読め! 〜その1 出会い〜

2016.05.24

「ザ・シークレット」は二度以上読め! 〜その2 過去の私〜

2016.05.25

今回は「ザ・シークレット」に関する記事の完結編です。

「トラブルや不安のない人生」を目指して「知識・理論武装」や「業務効率化」を進めていた私ですが、一向に改善の兆しが見えませんでした。

自らがよしとして進めてきた改善方法の効果がないことで

「解決法や方向性が間違っているのでは?」

という疑問を持ち始めていた時に私の目に飛び込んできたのが「ザ・シークレット」。

数年前に購入したその本は、買って読んではみたものの特に感銘を受けることがなかったため、ずっと本棚に眠っていました。

購入時に一度読んでいるので、ざっくりとした内容は覚えていました。

「引き寄せの法則。考えていることが現実になる。できると思えばできる。」などなど。

当時は単なる精神論的にしか捉えていなかったのですが

「この目に見えない法則についてもう少ししっかりと考えてみよう」

と前向きな気持ちで「ザ・シークレット」を読み始めました。

最初は「あー、こんなこと書いてあったなー」ぐらいに感じていたのですが、読み進めていくうちに

「ん?何かが違う。初めて読んだときと何か感じ方が違う!」

と気づき始めました。

初めて読んだ時は「この本のあら探しをしてやろう」というスタンスも若干あったと思いますが、今読んでみると内容にそれほど抵抗がなく、「そういうこともあるかもなー」と肯定的に捉えられるようになっています。

そして一気に読み終えて「よし、とにかくやってみよう」と決めたのです。

初めて読んだ時の感想は

「余白が大きくスカスカだなー。しかも何度も聞いて知っている引き寄せについてね、はいはい。」

程度のものでした。

しかし改めて読んだみた感想は

「とにかく読後、清々しい(すがすがしい)」

これに尽きます。

なぜ清々しいのか?

私が初めて「ザ・シークレット」を読んだ時は「引き寄せの法則」という知識を得ることはできたのですが、「これが本当に正しい解決法・方向性なのか?」という疑問がありました。

「これ以外に、もっといい解決法・方向性があるのでは?」

そう思った私は引き寄せの法則を実践してみるのではなく、他にいい方法がないか、再度探し始めたのです。

探し、考え、そして実践してみましたが、結局はどれも効果なし。

「うーん。色々探してきたけど、納得する方法が見つからないなー。」

自分の思い通りにならない状態が続くと、人は自信を失うものです。

自分には能力がないのでは?
自分が実践できる解決法はないのでは?

不安を解消するという目的で色々なことをやってみましたが、結果的に自信をなくし更に不安な状態に。

そんな時に、まだ実践していない「引き寄せの法則」と再会した、というわけです。

もう色々な方法を探して考えて試した後なので、迷いはありません。

更に「ザ・シークレット」を読んでいると「自分にもできそうだ」と思えるようになり、完全にではありませんが自信を取り戻すことができます。

読後に感じる清々しさはそのためなんですね。

全3回に渡って「ザ・シークレットは二度以上読め!」と題してお送りしてきましたが、なぜ二度以上読むことを勧めるのか、パターンをまとめてみました。

  1. 何らかの問題(人間関係、金銭、病気、その他不安など)を抱えている
  2. それらの解決法を探している時に「ザ・シークレット」と出会い、読んでみる
  3. 読んだけどピンとこなかった方は「内容が信じられない」か「探していた方法論ではない」かのどちらかである
  4. ピンとこなくても問題ないので、本は捨てずにとっておく
  5. 「引き寄せの法則」以外の問題解決方法を調べたり考えたり試したりしてみる
  6. 色々やってみてもやはり解決しなかった場合、再度「ザ・シークレット」を読んでみる
  7. ピンとくれば引き寄せの法則を実践してみる。ピンと来なければ上記4に戻る

「ザ・シークレット」に書いてあることは、なかなか信じがたい内容です。
ですのでせっかく読み終えても実践もせずに終わってしまう方が非常に多いと思います。

私は信じられないという意見も十分理解できますので、それを否定するつもりはありません。

「引き寄せの法則」という方法以外にその人に合った方法があれば、それを実践すればいいと思っています。

しかし一度読んだだけで「これは自分には合わない。信じられない。」と決めつけるのは、ちょっともったいないですねー。

一度読んでピンと来なくても、再度読んでみると前とは違った何かを感じることができるかもしれません。

私はすでに30回以上読んでいますが、読むたびに「あれ?こんなこと書いてあったっけ?」と思う箇所があります。

読むときの状態や気持ちによって響く部分が違い、感じ方も変わってくるんでしょうね。

ですので一度目でピンときた方も、何度読んでもピンとこない方も、「ザ・シークレット」は何度も何度も読んでみることをオススメします。

ちなみに二度目の「ザ・シークレット」で引き寄せの法則を実践し始めた私ですが、その後どうなったか?

これまで起きていたトラブルは本当にウソのようになくなり、それ以来、もちろん現在まで平穏な生活を送れています。

ミスがなくなったワケではありません。ちょこちょこミスはしてしまいます。(もともとそそっかしいので。)
しかしミスがトラブルにならないんですね。
ミスをしないための努力は惜しみませんが、ミスに対してのスタンスが変わりました。
以前は「ミスをするのではないか」と常に怯えていましたが、それがなくなりました。

そのせいか以前と比べて精神的にも非常に安定し、前向きに、コツコツと人生を楽しみながら歩むことができています。

ちなみに以前からの夢だったコンサルタントとしての独立・開業も昨年実現し、今はやりたいことを色々と試している段階です。

そうそう、これから引き寄せの法則を実践しようと思っている方に私からのアドバイスがあります。
恐らくほとんどの方が以下の壁にぶち当たると思います。

  1. シンプルなので簡単そうだが、実際やってみると難しい
  2. 「なぜ自分はできないのか!」と自分を責めてしまう
  3. 諦める

実は私もすぐに出来たわけではありません。
当初は上記のパターンを何度も何度も繰り返しています。

そして恐らく、みなさんも同じパターンに陥ると思います。

でもその時は思い出して下さい。

私が考える「引き寄せの法則」の「核」は「自己受容」です。引き寄せの法則を実践するためには、自分を受け入れる必要があります。

これは私が出した結論ですので、賛否はあると思いますが、私は非常に大切なことだと思っています。

引き寄せの法則を実践しようとしてもなかなかできないからといって「なぜ自分はできないのか!」と自分を責めてしまうと、引き寄せの法則と反対の方向に向かってしまうことになります。

これから引き寄せの法則を始める方は

「無条件」に自分を受け入れる

ということを、可能であれば毎日意識しながら続けていってください。

もちろん注意点はこれだけではなく、もっとたくさんあります。

しかしこの「自己受容」を意識し大切にすることで、皆さんが引き寄せの法則を実践するための「ベース」になると思います。

なぜ「無条件なのか」、「なぜ自己受容が大切なのか」などについては、今後、当ブログやホームページで書いていこうと思います。

とりあえず「ザ・シークレット」を読んでいただき、実践してみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク