珪藻土で作られたコースター「soil Coaster」 〜すばらしい吸いとり感と重量感で結露を撃退!〜

スポンサーリンク

こんにちは。神戸や大阪など関西を中心に活動している経営コンサルタントの荻田(オギタ)です。

もうすぐ6月。これから暑くなりますねー。

暑い時期に気になるのがコップの結露。冷たい飲み物を入れるとコップにガンガン結露がつきます。

氷入りのコップをテーブルに置くと、この通り。結露がついちゃいます。

氷入りのコップをテーブルに置くと、この通り。結露がついちゃいます。

寒い時期は冷たい飲み物を飲んでいてもそれほどつきませんよね。恐らく温度差や湿度が関係しているんでしょうね。

テーブルに結露がつくとビチャビチャになり、拭かないといけません。
テーブルによってはそれがシミになったりしますよね。
またこの結露の上に書類などの紙モノを置いてしまうと、大変なことになります。
飲む時にもコップの底から結露がしたたり落ちて胸やヒザにあたり「ヒヤッ」となったり。

あー、結露イヤだイヤだ。

そんな鬱陶しい結露対策に必要なのがコースター。

私も色々なものを試しました。紙、コルク、木、フェルト、布などなど。

しかしあまり納得のいくコースターはありませんでした。

私がコースターに求める条件は

  1. 結露を吸い取ってくれる
  2. コップにくっつかない
  3. テーブルを結露から守ってくれる

これが意外とないんですよねー。

例えばコルクや木は結露を吸い取ってくれません。

紙やフェルトも若干吸いますが、それほどではないですよね。布も吸い取れる量に限度があります。
そして軽い素材はコップを持ち上げた時にコップの底にくっついてきちゃいます。

なかなかないなーと諦めかけていた私が見つけたのが今回ご紹介する「soil Coaster」です。

「soil」のロゴがある面は実は裏側。この面は下(机面)にして、逆の面にコップを置きます。

「soil」のロゴがある面は実は裏側。この面は下(机面)にして、逆の面にコップを置きます。

写真の「soil」のロゴがある面は裏面です。
この裏面はキズ防止のシリコンが塗られているため、吸水しないそうです。
使う際はお気を付け下さい。

このsoil、白い石っぽく見えますが、素材は「珪藻土(けいそうど)」です。

珪藻土というのは藻類の一種の「珪藻」の殻の化石を固めたもので、目には見えない非常に小さい穴が無数にあいています。
そのため様々なものを吸収します。

調湿性が高いため昔から壁に塗ったり、それと昔はなかった「生ビール」を作るのに確か使われていましたよね。

昔のビールは出荷する前に酵母菌を殺さないと発酵が進んでしまうため、加熱処理をして出荷していました。
そのため、市販のビールに「生ビール」はなかったんですよね。(今は生ビールが当たり前ですけどね。)
しかし珪藻土を出荷前のビールに入れることで珪藻土が酵母菌を吸収するため加熱処理せずに酵母菌を取り除けるようになり、市販のビールでも「生ビール」を売れるようになったとか。珪藻土スゴイ!

話がちょっとそれましたが、それくらい珪藻土は吸収力があるんですよね。

その珪藻土を使ってコースターを作るとは!すばらしいアイデア!

早速冷たい飲み物が入ったコップを置いてみましょう。

キンキンに冷えたコップには、イヤというほど結露がついています。

キンキンに冷えたコップには、イヤというほど結露がついています。

そしてコップを持ち上げてみると…

おお、結露を吸った跡が!吸収早い!

おお、結露を吸った跡が!吸収早い!

あっという間に結露を吸収しました。

その後も何度か置いたり持ち上げたりを繰り返してみました。

少しずつ位置を変えて置いてみました。スゴイ吸収力です。

少しずつ位置を変えて置いてみましたが、スゴイ吸収力です。

いやー、吸います。ぐんぐん吸いますねー。

ただ本当に吸っているのかどうかまだ分かりません。
実際に触ってみましょう。

サラッサラ!表面サラッサラ!

サラッサラ!表面サラッサラ!

いやー、すばらしい!

私がコースターに求める条件を全てクリアしています。

もう一度条件を書いておきます。

  1. 結露を吸い取ってくれる
  2. コップにくっつかない
  3. テーブルを結露から守ってくれる

1についてはすでに紹介済み。

2も完璧!珪藻土はその名の通り「土」です。
ものすごく重いというわけではありませんが、それなりの重さがあるためコップを持ち上げた時にくっついてくることもありません。

そして3も問題ないですね。
結露がコースターを通り抜けてテーブルに結露がつくなどということはありません。

一つだけネックが。ちょっとお値段が。お値段がまあまあなんです。

私が購入したのは「soil Coaster Large」の「スクエア ホワイト」

4枚セットで2,200円(税抜)

1枚約500円。ええ、まあまあの値段です。

耐久性についてはこれから使用していかないと分かりませんが、私は多少高くても大満足です。

コースターに私と同じ条件を求める方はぜひご検討ください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク