軽さ、使いやすさ、収納力、どれをとっても文句なし!「ROOTOTE トートバッグ エコバッグ」

スポンサーリンク

こんにちは。神戸や大阪など関西を中心に活動している経営コンサルタントの荻田(オギタ)です。

私は普段、コンパクトなボストンバッグを使っています。

「吉田カバン ポーター ヒート ボストンバッグ ツールボックス」

10年以上前に購入したものなのに全然劣化してないでしょ?

10年以上前に買った、今でも現役の「吉田カバン ポーター ヒート ツールボックス」

値段は約2万円。しかしそのタフさ、デザインや使い勝手の良さを考えると、とってもお値打ち価格です。

ボストンタイプなのでマチも広く、財布や様々な小物類を入れるのには十分ですが、ノートパソコンやA4の書類などは入れることはできません。

また、ちょっと外で買い物などをした時にも、買ったものはこのバッグには入らないため、色々な買い物袋を持つ羽目になります。

しかしそうならないよう、私はちゃんと「エコバッグ」を持っています。

エコバッグというとスーパーの買い物に使うイメージですが、私が使っているものは買い物だけでなく、書類やノートパソコン、ジムのグッズなど、バリバリ普段使いできるスグレモノです。

私が重視したのは以下の条件です。

  • 瞬時にコンパクトにできる
  • 軽い
  • 見た目がいい
  • 肩にかけられる
  • 収納力がある(最低A4書類)
  • 耐久性がある

これらの条件を全て満たして私が使っているエコバッグがルートート ROOTOTE トートバッグ エコバッグ ROOTOTE ルートート フリンク リップ素材 Aです。

価格は1,944円(税込。2017年1月29日現在)

エコバッグとしてはちょっと値段が高い部類かもしれませんが、十分納得できるクオリティですよ。

まずは収納時。

収納方法は、たたんで付属のゴムひもで留めるタイプです。

収納時は付属のゴムひもでまとめます

iPhone SEと比較

厚みはこんな感じ

iPhone SEと比較しても分かる通り、まあ一般的なエコバッグの収納時と同じか、ちょっと大きいくらいです。

この大きさなら私の基準では合格。もちろんポーターのバッグにも余裕で入ります。

ゴムひもは本体に縫い付けられています。

そのゴムひもにはちょっとした飾りがついています。

ゴムひもについている飾り

この飾りはハサミで切って取り除いても問題ありませんが、これはゴムひもの「結び目」を隠すためのものなので、取ってしまうと結び目が露わになります。

もちろん私は付けたままにしています。

では開いてみましょう!

まずゴムひもを外すと、以下のような状態になります。

ゴムひもを取った第一段階

これを更に横に開くと、バッグの横幅まで開きます。

更に横に開きます

ここまできたら、あとは縦方向に2回開くだけ。

すると以下のようにバッグの全容が現れます。

上下に開くと完成

バッグ本体のサイズは高さ約37cm、横幅が約47cm。

生地にはシワや伸縮があるため誤差がありますが、上記サイズは普通に置いた状態のサイズです。

iPhone SEを置いてみました。

iPhone SEとネコと比較

iPhone SEは小さすぎるため、ちょっと比較しづらいですね。ネコも乱入してきてますし。

ではA4書類用のクリップボードを置いてみましょう。

A4書類用のクリップボード

このクリップボードはA4書類用なので、当然、A4書類よりは1回りくらい大きいサイズです。でもスッポリ入りますね

タテとヨコのサイズは十分。

そしてこのバッグの収納力の高さはマチにもあります。

マチは約15cmもあります

約15cmもマチがあるため、厚みのあるものも収納できます。

持ち手が長めのため、男の私でも肩にかけることができます。

持ち手の高さは約22cm

サイドにはファスナーがあります。これはファスナー付きのポケットです。

サイドにファスナー付きのポケットもあります

ポケットの高さは約20cm、奥行きは約17cm。

ポケットは高さが約20cm、奥行きは17cmと、なかなかの収納力です。

また、このバッグは開口部にファスナーもついています。これはエコバッグとしては珍しいですよね。

バッグの開口部にはファスナーもついています

このファスナーがあることで、バッグを横にしても内容物が出ることを防いでくれますし、盗難防止にもなります。

かなり用途が広くなりますよね。

さらにバッグの前面には、ポケットが3つ付いています。

バッグ前面にはポケットが3つあります

このポケットにはファスナーなどのフタはありません。

iPhone SEと比較すると、結構大きいことが分かります。

ポケットはiPhone SEよりもはるかに大きいサイズです

タグ

それでは実際に収納力を見てみましょう。

普段は買い物したものを入れたり、書類やパソコンを臨時で入れたりしていますが、今回はジムグッズを入れてみます。

ジムのグッズって、結構かさばるんですよね。

特にシューズやバスタオルはマチのあるバッグでないと収納できません。

今回入れてみるのは以下のグッズ。

ジムグッズ。バスタオル、フェイスタオル、トレーニングウェア、トレーニングシューズ

上記グッズを入れた状態は以下の通り。

ジムグッズも余裕で収納

まだバッグ自体がパンパンになることもなく、余裕があります。

マチはこんな感じ。

ジムグッズ収納時のマチはこんな感じ

きちんとマチがあるから、余裕で入るんです。

上から見ると、こんな感じ。

まだパンパンではありません

開口部にあるファスナーも当然閉まります。

開口部のファスナーも閉まります

まだまだ余裕なので、MacBook Pro(13インチ)も入れてみます。

更にMacBookは入るか?

ジムグッズが入っている所に、MacBook Proもちゃんと入りました。

余裕で入りました

収納力はバツグンです

生地は薄いのですが、結構しっかりしています。

数ヶ月使っていますが、今のところ耐久性も問題なし。

本当は生地がもう少し厚いと質感も良くなっていいのでしょうが、そうすると重くなってしまうため、常に持ち歩くには負担が大きくなりますよね。

そういった意味で、この生地は耐久性と軽さのバランスがとてもスバラシイと思います。

ちなみに重さは132g。

本体の重さは132g

このエコバッグを常に持ち歩いていることで、外出先で買い物をしたり、ちょっと荷物が増えても、快適に持ち運びができます。

買い物に、ビジネスに、バリバリ使えてコンパクトに収納でき、そして軽い!

このエコバッグはかなり使えるやつですよー。

スポンサーリンク
スポンサーリンク