50年前にタイムスリップ!神戸に残る昭和のホルモン焼き「中畑商店」

スポンサーリンク

こんにちは。神戸や大阪など関西を中心に活動している経営コンサルタントの荻田(オギタ)です。

今回は神戸にある、味のあるディープなホルモン焼き屋さん「中畑商店」をご紹介します。

中畑商店は1968年に開業したとこのとで、今年(2017年)でなんと49年!

ほぼ半世紀も続いているとは、驚愕の一言です。

色々と調べた情報によると、「じゃりン子チエ」のお店のような雰囲気で根強い人気だとか。

最寄り駅は神戸。

といっても神戸駅からは少し離れており、20分くらい歩く必要があります。

中畑商店

  • 兵庫県神戸市兵庫区東出町3丁目21-2
  • 電話:078-681-9598
  • 営業時間:9:30~19:00
  • 定休日:木曜日

JR神戸駅からiPhoneのGoogleマップを確認しつつ歩くこと20分。

かなり近いところまできて「この道をまっすぐかな?」という道を発見!

解体中のアーケード

横が工事中のこの細い道の向こうに中畑商店はありそうです。

カメラのズームで撮影すると、人が集まっているそれらしき場所がありました。

望遠で撮影すると人が集まる場所が

肉眼では分からないのですが、間違いなくこの道の先ですね。

ここを通るとあるのですが…

しかしこの道、大丈夫か?

上の屋根が今にも崩れそうで、間違いなく危険です。

かなり危険

そしてよく見ると、通行止めの注意書きがありました。

通ってはいけません

ですよね。これは危ないですよね。

というわけで、中畑商店はすぐそこなのですが、この道は使えません。

危ないので通らないようにしましょう

右手の道からぐるりと迂回して行くことにします。

回り込みましょう

ぐるりと回り込むと松尾稲荷神社の鳥居がありました。

目印は松尾稲荷神社

ここまで来たらもうすぐそこです。

松尾稲荷神社の右手の道の先に中畑商店があります。

松尾稲荷神社の右の路地に入る

あった!あれだ!

中畑商店を発見!

店の前には味のある看板。

ホルモン 1本50円!

提灯が雰囲気だしてます

日曜日の15時ごろに来たのですが満席でした。繁盛してるなー。

店舗前にもテーブルとイスがあります

満席なので外で待っていると、中のお客さんが詰めてくれて座ることができました。

なんとそこは鉄板の目の前。しかもイスはガスボンベ!

イスがわりのガスボンベの写真を撮り忘れてしまいましたが、ガスボンベの上にクッション的なものが固定してあり、座り心地は意外と悪くなかったです。

鉄板の横なので、お父さんがガンガン焼いている所をガッツリ見学できます。

座ると「トレーに焼けた串をどんどん置いていくから、好きなもの取って食べてね」とのこと。

鉄板から離れた席は食べたい串と本数を注文して持ってきてもらうのですが、鉄板横だけは取り放題!

このトレーに焼き上がった串が並べられます

取り放題といっても、もちろん食べた分だけ支払いしますからね。

串はこんな感じで種類別に積まれていきます。

左から「ホルモン、シンゾー、アバラ、レバー」

ホルモン 50円

シンゾー 100円

アバラ 100円

レバー 100円

うん、もう見ただけでおいしいのが分かります。

しかしここで疑問が。

このお店のメニューは非常にシンプルでほとんどの串が100円なのですが、「ホルモン」と「ミノ」だけは値段が違います。

左側が串メニュー

食べたいものを自由に取って食べたら、何を何本食べたか分かんないじゃん。

そのことをお店の人に聞くと「私たちには特殊な力があって分かるの」と意味深な笑み。

「おお、能力者だったかー」と笑って納得し、早速食べ始めることに。

まずは一番のウリでもある1本50円のホルモン。

まずはホルモンから!

ちなみにこの店の串は全て牛です。豚は一切ありません。

そしてこの店の「ホルモン」というのは牛の「肺」です。

ホルモン屋さんでは「バサ」とも言われる部位です。

スーパーなどで売っているのを見たことがないので、こういったお店でしか味わえないものですね。

これを席に置いてあるタレにどっぷりつけて食べます。

甘辛くて焼肉のタレのような味だが不思議としつこくない

食べる前にここに串を沈め、タレをつけましょう。

大阪の串カツのようなシステムですね。

タレにどっぷり

大阪の串カツのように「二度漬け禁止」とは書いていませんが、共用のタレなので常識として二度漬けはやめましょうね。

タレをつけたらあとは食べるだけ!

ホルモンうまい!

うん、うまい!

ホルモンは薄くて柔らかく、臭みもありません。

そしてこのタレ、タレがいいんですよね。

正直言うと市販の「黄金のタレ」に似ているのですが、しかし何かが違う。

しっかりした味でこってりしているようで、食べたあとは意外とあっさり。

だから不思議と何本でも食べられるんですよね。

ホルモンで火が付いた私はどんどん食べ進めます。

次は1本100円のアバラ。

 

アバラ

これはいわゆるカルビですね。

脂がのっているのが見ただけで分かります。

先ほどのホルモンと違い、ネギも挟んであります。

これもタレにつけていただきます!

これもタレにどっぷり

ああ、これも旨い!

ほんと脂がしっかりのったカルビなのですが、タレとの相性が抜群!

余りにおいしいので連続で食べました。

食べた後の串は「串入れ」に入れます。

ホルモンの串は少し短い

ここで何を食べたか分かるシステムが判明!

50円のホルモンの串が短い!

この串の長さでいくらの串を何本食べたか分かるのかー。

そのことをお店のお父さん、お母さんに言うと「バレたかー」と笑っていました。

システムが分かってスッキリしたところで、どんどんいきます。

次は1本100円のシンゾー。

シンゾー(心臓、ハツ、こころ)

名前の通り心臓ですね。

ハツやココロなどの呼び名もある部位です。

私はこの部位が好きで、焼鳥でもよく食べます。

これも最高!

これもどっぷりタレについてパクリ。

あー、これこれ!

いいねー、やっぱりシンゾーいいねー。

食感や風味はまさしく心臓。

これまたタレとよく合います。

鉄板の横なので焼いている所をじっくり観察できるのですが、見ていると結構ギューギュー押しながら焼いています。

ギューッと押さえて焼くスタイル

この焼き方にも何かこだわりがあるんでしょうねー。

よし、次は1本100円のレバーだ!

レバー(肝)

レバーはもちろん肝ですね。

もちろんタレにどっぷり

レバーも旨いぞ!

あー、うんうん、レバー!

外は香ばしく、中はトロッと柔らかい焼き上がり。

どの部位もタレとの相性抜群です。

鉄板の向こうをよく見るとホルモンが山盛りで置かれていました。

焼く前のホルモン

1本50円という安価な値段で提供していますが、実はこのホルモンが一番手間がかかるのだとか。

湯がいて切って串に刺して、といった下準備が必要ですからねー。

そしてその下準備があるからこそのおいしさなんでしょうね。

目の前のトレーにはお父さんが焼いた串がどんどん積み重なっていきます。

4種類の串焼きが山盛り

鉄板横の人たちは焼きたてを取って食べることができますが、テーブル席など離れている人は注文をします。

注文を受けるとこのトレーの串を再度焼き直し(温め直す程度)して出していました。

焼きたてを自由にとって食べることができる鉄板横は、やっぱり特等席ですねー。

トレーに並ぶ4種類の串をコンプリートしたところで、リピート開始です。

とにかく食べたいものを食べたいだけ、どんどんいきます。

ホルモンをどんどん食べます

ここのウリはなんと言っても1本50円のホルモンなのですが、このホルモン、50年前は5円だったそうです。

物価の違いはありますが、当時としても安かったんでしょうねー。

レバーも何串も食べました

目の前にこんなのがあったら、どんどんいっちゃいますよ

肉系の串で唯一トレーにないのが「ミノ」。

もちろん注文すると焼いてくれますが、これだけは少し高くて1本200円なんですね。

しかしミノも好きな私は食べないわけにはいきません!

ミノ

ミノは牛の胃ですね。

焼肉では好きでよく食べるのですが、ミノを串焼きで食べるのは初めてです。

あっさりミノも旨い!

うん、ミノもいい!

ミノってゴムのように固くていつまでも飲み込めないものもありますが、ここのは下準備のおかげなのか、ミノがいいのか、固くありません。

少しジャクジャクとしたミノ独特の食感も楽しめる一品です。

「でも1本200円ということはホルモン4本分かー」

と考えると、ホルモン4本を選んでしまう自分がいます。

やはりこの店はホルモンだ!

目の前ではお父さんがせっせと串を焼いています。

お父さんがせっせと焼いてくれます

食べながら様々な疑問や興味がわいてくるので目の前で焼いているお父さんやお母さんに色々と聞くと、ニコニコ笑顔で答えてくれます。

このお父さん、お母さんとの会話もこの店の楽しみの一つですね。

お父さんとの会話も楽しい

たまたま年齢の話になって教えてもらうと、なんと御年75歳!

もっと若く見えるので驚いていたのですが、若く見えるのは恐らくこのツルツルのお肌。

75歳でこのツヤツヤお肌!

「お肌ツルッツル、ツヤッツヤで若くみえますよねー」と言うと「ホルモン食べてるおかげやー」とのこと。

ホルモンはお肌によろしいスーパーフードなのかもしれませんね。

とにかくぐいぐい押しながら焼くのが秘訣みたい

食べながら店内を見回すと、地図やらポスターやらがギッシリと貼られています。

壁に地図

壁にポスター

芸能人の色紙も

なぜ地図やポスターなどを貼っているのか聞くと「壁が汚れへんために貼っている」という意外な回答。

もう汚れがどうとか言うような感じでもないと思(略

お父さんやお母さんとわいわい話しながらパクパクと食べたい串を取って食べていくと、気づいたらめちゃくちゃ食べてた!

めちゃくちゃ食べた

20~30本以上は食べてます。

当初は軽くつまんで軽く飲むだけの予定だったのですが、まさかこんなに食べるとは。

気づいたらどんどん食べちゃうくらい、やっぱりおいしいんですよねー。

お会計は3,900円!

生ビール(450円)を2杯飲んだので、串の値段は3,000円。

これだけ食べてこのお値段ですからね。やっぱり安いです。

串焼きだけですっかり満腹になり満足したのでお店を後にします。

最後にお父さん、お母さん、そしてお孫さん?の写真を撮らせていただきました。

これからも元気に続けていってくださいね!

このように50年前のまま続いているお店はとても貴重な存在。

これからも元気でがんばってほしいですね。

さて、たくさん食べたので運動がてら、神戸駅まで歩いて帰ります。

余談ですが、このあたりはネコが愛されているのか、結構見かけました。

クロネコ。首輪をしてるので飼い猫ですね。

白猫

中畑商店は昭和の雰囲気を楽しみたい方、安くておいしいホルモンを食べたい方にはオススメのお店でした。

ごちそうさまでした!

中畑商店

  • 兵庫県神戸市兵庫区東出町3丁目21-2
  • 電話:078-681-9598
  • 営業時間:9:30~19:00
  • 定休日:木曜日

スポンサーリンク
スポンサーリンク