私が5つも買ったオススメマウス「Logicool ロジクール ワイヤレスマラソンマウス M705t」

スポンサーリンク

こんにちは。神戸や大阪など関西を中心に活動している経営コンサルタントの荻田(オギタ)です。

私は仕事柄、よくパソコンを使うのですが、その際にこだわっているのがマウス。

マウスは使用頻度が高いため、精度や使い勝手によって作業効率に大きく影響します。パソコンをよく使う人にとって非常に重要なツールです。

ですので過去に使いやすいマウスを求めて20〜30個は試してみたと思います。

そしてたどり着いたのが今回ご紹介するマウス「Logicool ロジクール ワイヤレスマラソンマウス M705t」です。

3,650円(税込。2016年11月16日時点。)

Logicool ロジクール ワイヤレスマラソンマウス M705t

Logicool ロジクール ワイヤレスマラソンマウス M705t

5〜6年前にこのマウスを使って「これだ!」となり、複数台あるパソコンにはすべてこのマウスを使っています。

途中、落として壊したこともあり、買い替えも含めるとこれまでに購入した数は実に5つ。

決して安いマウスではありませんが、もうこのマウスでないとイヤなんです。

私がマウスに求める条件はこんな感じです。

  • ワイヤレス(Bluetoothはダメ)
  • レーザーセンサー
  • 手にフィットする大きさと形
  • スクロールしやすいホイール

まず有線は絶対にイヤ。邪魔ですからねー。ワイヤレスマウスになれたら、もう有線マウスは使えません。

ワイヤレスといえばBluetoothもあるのですが、正直オススメできません。私自身、Bluetoothのマウスもいくつか試しましたが、安定性に問題がありますね。

このマウスは専用のUSBに挿すレシーバーがついており、簡単にセットアップしてワイヤレスで使用できます。

USBのレシーバーが付属しています

USBのレシーバーが付属しています

それとセンサーはレーザーセンサー。これも譲れません。

最近はあまりないのかもしれませんが、昔は光学式(赤色LED)センサーが多かったですね。

しかしこのセンサーは机の材質などによって上手く機能しないことが多いんですよね。特にツルツルの面では使えない代物でした。

それに比べてレーザーセンサーは使用する机の材質にそれほど左右されず機能します。精度も高く、使っているときにカーソルがうまく動かないといったストレスはほぼありません。

その他にブルーLEDなどもあるのですが、これは使ったことがないのでなんとも言えません。

もちろんこのマウスはレーザーセンサー。

左上に見える穴がレーザーセンサー部分です

左上の穴がレーザーセンサー部分です

精度も十分です。

そして形状ですね。手にフィットする大きさと形。これは好みの問題ですので人によって違うと思いますが、私にはこのLogicool ロジクール ワイヤレスマラソンマウス M705tの大きさ、形、重さがピッタリなんです。(まあ長年使って慣れているのもありますが)

正面

正面

まずはクリック部分。ここは人差し指と中指を置いて左クリックや右クリックをする場所ですね。

よく見ると少し窪んでいます。この緩やかな窪みが指にフィットするんです。

クリックをすると「カチッ」と音がなります。音と同じカチッとした感触もあります。私は好きですが、この音は気になる人もいるかもしれません。

そして次は左側面。ここがグッとえぐれており、親指がピタッとハマるんです!

左側面

左側面

右側面も少しだけ「くびれ」があり、そこに薬指が気持ちよくフィットします。ああ、よく考えられている!

右側面

右側面

全ての指や手のひらに上手くフィットする形に仕上がっています。左右対称の単純な形のマウスとはもう別物です。

斜め後ろ

斜め後ろ

そして最後にホイール。画面をスクロールする時にクルクル回す、あれですね。

これが回しづらいものが結構多いんですよね。

まずこのマウスはとてもホイールが回しやすい。細かい溝が入っていて、触った感じもいいんです。

細かい溝が入った好感触のホイール

細かい溝が入った好感触のホイール

そしてこのマウスのここが非常に特殊というか特徴的な機能で、普通のマウスにはないボタンがあります。

スクロールの種類を切り替えるボタン

スクロールの種類を切り替えるボタン

このボタンを押すことで、通常のスクロールモードと「高速スクロール」モードを切り替えることができるんです。

通常はホイールを回すと「カタカタカタ」と音が鳴り、軽く何か引っかかっているような感触があります。これにより回りすぎを抑制し安定させているんですね。

そしてこのボタンを押して高速スクロールモードにすると、カタカタと引っかかる感じがなくなります。全くなくなります。

音も鳴りませんし、カタカタの感触もありません。

この状態でホイールを回すと、なんと止まることなく回り続けるんです。(もちろん摩擦は多少ありますので、いずれ止まりますが。)

例えば高速スクロールの状態にして、軽く勢いをつけてホイールを回し、指を離します。

すると大体10秒〜15秒くらいはホイールが回り続けるんです。もちろんホイールが回っているということは、その間、パソコンの画面はスクロールし続けているんですね。

この機能が実はとても優秀で、長いウェブサイトを閲覧している時やエクセルを使っているとき、上や下へ高速に、そして楽にどんどんスクロールすることができます。

私はその時の応じてボタンを押しながら、通常スクロールと高速スクロールを切り替えて使いこなしています。

また、このホイールは水平スクロール機能もあり(要設定)、左右に倒すことで水平に移動させることもできます。

いやー、本当に高機能ですねー。

ただこのホイール、あえて欠点を言うなら通常スクロールモードの時の「カタカタ音」がちょっとうるさい点ですね。

普通に回している分にはいいのですが、通常スクロールモードの時に素早くホイールを回すと、何か鳥の鳴き声のような「ガーガー」といった音がなります。

正直ちょっとうるさいですねー。高速スクロールの時は無音なんですけどね。

このマウスは単三電池2本で動作します。電池は付属のものがあり、すぐに使用できます。

付属の電池

付属の電池

裏のフタを開けて電池をセット

裏のフタを開けて電池をセット

クリック時やホイールの回す音(高速モードでは無音)など、どちらかというと静音ではありませんが、そのあたりを気にしない方にはとってもオススメのマウスです。

もちろん好みの問題はありますが、私と同じような条件をマウスに求めている方にはオススメです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク