激辛・激うま食材「ハラペーニョ」を育て、そして食す!

スポンサーリンク

こんにちは。神戸や大阪など関西を中心に活動している経営コンサルタントの荻田(オギタ)です。

最近ハマっている食材があります。

そう、メキシコからの刺客「ハラペーニョ」です。

我が家で育てたハラペーニョ。ツルッとしててかわいい見た目ですが、激辛のコワいヤツです。

我が家で育てたハラペーニョ。ツルッとしててかわいい見た目ですが、激辛のコワいヤツです。

ハラペーニョはメキシコ料理には欠かせないトウガラシですね。

見た目は小ぶりなピーマンですが、食べると正真正銘、強烈な辛さのトウガラシです。

以前にレストランで「ハラペーニョのピクルス」を食べ、その強烈な辛さがなぜかクセになり、おかわりをするほど気に入りました。

めちゃくちゃ辛いんですけど、お酒を飲んで中和させ落ち着いてくると、また食べたくなる!

「なんなんだ!なんなんだ、この感じは!」

とすっかり気に入り、早速帰って検索検索!

できればフレッシュなものを入手したかったのですが、ネット上で売ってるのはかなり高く、手が出ません。

もちろんスーパーやデパートにも売ってませんよね。

でもどうしても入手したい!

よし!売ってないなら育てよう!

と言うわけで種を購入し、今年の3月下旬にタネまきをしました。

タネはAmazonで購入。何でも売ってるね、Amazon。

ちなみにハラペーニョのタネまきは3月〜5月中旬くらいの期間に行います。

収穫は6月〜9月くらいですかね。

我が家では3月下旬にタネまきを行い、7月中旬に初めて収穫(4つ)できました。

ハラペーニョが立派に育っております!

ハラペーニョが立派に育っております!

ピクルスを作りたいのですが、最低10個はあった方がいいので、今回収穫した4個は料理に使います。

まずは「牛肉とハラペーニョの中華炒め」。

かなり適当ですが、レシピを載せておきます。

(材料 2人前)

  • 牛肉(薄切り):180g
  • ハラペーニョ:2個
  • 塩こしょう:少々
  • 味覇(ウェイパー):少々(小さじ 1/2くらい)
  • オイスターソース:少々(小さじ 1/2くらい)
  • 醤油:5滴
  • 料理酒:小さじ 1
  • ごま油:少々

作り方はいたって簡単。牛肉は適当な大きさに切り、ハラペーニョは5mmの輪切りに。

ハラペーニョを輪切りに。できれば素手で触らないように!

ハラペーニョを輪切りに。できれば素手で触らないように!

ちなみにハラペーニョを切る際は、あればゴム手袋をしましょう。

ハラペーニョは非常に刺激が強いので、手がヒリヒリする可能性があります。

ゴム手袋を使わないのであれば、なるべくハラペーニョの断面やタネに触らないように。

また、くれぐれもハラペーニョを切った手で目をこすらないように注意して下さい。

たぶん目がとても痛いと思います。

牛肉とハラペーニョをごま油で炒め、後は調味料を加えて味付けをすればできあがり。

ちなみにハラペーニョを炒めると、フライパンから辛いニオイが立ち上り、少しむせます。こちらもご注意下さい。

そんな困難を乗り越えて炒めれば完成!

牛肉とハラペーニョの炒め物。めちゃくちゃ辛くて、めちゃくちゃうまい!!

牛肉とハラペーニョの炒め物。めちゃくちゃ辛くて、めちゃくちゃうまい!!

もうニオイが辛いのですが、勇気を振り絞ってまずは牛肉だけ。

うん、辛いけど牛肉だけならピリ辛で適度な辛さだ!

よし、いくぞハラペーニョ!

あえてタネが多い部分を口に入れて噛むと…

ヒャーッ!ヒョエーッ!辛い!辛い!

めちゃくちゃ辛いです!

とてもとんがった辛さ。気合いの入った辛さ。全身を突き抜けるような辛さ。

そして頭皮の毛穴がパッカリと開きます。

めちゃくちゃ辛いんですが、やはりクセになる!うまい!

なんだかんだで一気に食べました。

そして翌日。今度はパスタにしてみます。

私の好きなボンゴレロッソとハラペーニョを融合させます。

これも適当レシピ、載せておきます。

「ハラペーニョ・ボンゴレロッソ」

(材料 2人前)

  • アサリ:200g
  • ハラペーニョ:2個
  • ニンニク:4かけ
  • トマトジュース:300cc
  • コンソメキューブ:1/2個
  • 白ワイン(なければ料理酒):100cc
  • オリーブオイル:適量
  • スパゲティ:210g
  • 塩こしょう:少々
  • 砂糖:ひとつまみ

まずはフライパンに少し多めのオリーブオイルとみじん切りにしたニンニクを入れて弱火で熱します。

ニンニクがキツネ色になったらアサリと白ワインを入れ、フタをして蒸し焼きにします。

アサリの殻が開いたらトマトジュースとコンソメキューブを入れ、塩こしょうで味を調えます。

このとき砂糖をひとつまみ(足りなければ調整してください。)入れると、トマトソースの酸味が和らぎます。

味の調整ができたらハラペーニョを入れ、弱火で5分。これでソースはできあがり。

ハラペーニョ入りのトマトソースの完成!ソースはピリ辛に仕上がってます。

ハラペーニョ入りのトマトソースの完成!ソースはピリ辛に仕上がってます。

あとはスパゲティを茹でてフライパンにいれ、ソースと絡めればできあがり!

ハラペーニョ・ボンゴレロッソ!やはりニオイからすでに辛いです。

ハラペーニョ・ボンゴレロッソ!やはりニオイからすでに辛いです。

最初の炒め物に比べるとソースに中和され、辛さはややマイルドに。

ハラペーニョを直接食べずにスパゲティやアサリを食べる分にはピリ辛でいい感じです。

しかしハラペーニョを直接食べると…

ヒャーッ!ヒョエーッ!

あ、でも炒め物の時よりは辛くない!

多分辛み成分がソースに出ているんでしょうね。タネと一緒に。

いつもはボンゴレロッソに鷹の爪を入れてピリ辛にするのですが、鷹の爪の辛さとは全く違う辛さですね。

私はハラペーニョの辛さの方が好きです!

今回は4個しか収穫できませんでしたので、もうなくなってしまいました。

まだ収穫できると思いますので、今度は10個以上集めてピクルスに挑戦だ!

辛いもの好きな方はぜひ、ハラペーニョの家庭菜園にチャレンジしてみてください!

しかしこんなにおいしいのに、なんでスーパーで売らないのかなー、と考えていたのですが、見た目がピーマンみたいなので間違えて買った人から苦情が来るのかも、などと想像していました。実際はどうなんでしょうね。

ピーマンだと思って食べたら、えらいことになりますからね。

ぜひともハラペーニョ、もっと日本で流行って欲しいものです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク