iPhoneのSafariで記事を格段に読みやすくする「リーダー表示機能」を活用しましょう!

スポンサーリンク

こんにちは。神戸や大阪など関西を中心に活動している経営コンサルタントの荻田(オギタ)です。

さて、私は以前から書いているようにiPhoneマニア。
もう基本的にAndroidはダメなんです。(過去に使った経験から。)

決してAndroidを否定している訳ではなく、私にはダメ、ということなんです。
いや、Androidがダメというより、iPhoneとの相性が良すぎるんですね。
もうピッタリ。

そんなiPhoneマニアの私ですが、周りにもiPhoneを使っている方が多いですね。
類は友を呼ぶということなのでしょうか。引き寄せております!

今回の記事は、そんな周りのiPhoneユーザーと話していて、ほとんどの方が使っていない便利機能をご紹介します。

それはiPhone標準のブラウザ「Safari」「リーダー表示機能」です!

iPhoneでWebサイトを見ていると、スマートフォン用に最適化されたサイトはいいのですが、そうでないサイトはPCと同じ構成で表示されますので、正直読みにくいですよねー。

また、スマートフォン用に最適化されたWebサイトでも、広告やSNSのボタンなど、邪魔な情報が記事を読みにくくしていることって多いですよね。

そんな時にこの「リーダー表示機能」を使うと非常に見やすく、読みやすくなります。

リーダー表示機能の特徴は以下の通りです。

  1. ワンタッチでWebサイトを「文字と写真」のみのレイアウトに変更してくれる
  2. 文字サイズや背景色、フォントも自由に変更できる

うーん、すばらしい!
こんな便利な機能、使わない手はない!

では早速使い方を見ていきましょう!

まずはSafariでWebサイトを見ます。
好きなサイトを見てください。

2016-06-07 19.39.53

iPhoneのSafariでWebページを表示。 あっ!くりぃむしちゅーのオールナイトニッポンが一夜限りの復活!

おっと、適当に見たサイトがたまたま「くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン 一夜限りの復活」という記事でした。

これ面白かったんですよねー。私も好きでした。

2016年6月17日(金)の深夜1時から、生放送で一夜限りの復活だそうです。

絶対聞こっと。

恐らくあのやりとりで始まるんでしょうねー。

(有田)いや、まいったね

(上田)高田文夫かっ

聞いたことない方には分かりませんが、この鉄板のやりとりを期待しております。

あ、話がそれましたね。失礼しました。

話は戻ってSafariの上部をよく見てください。

サイトにアクセスすると「リーダー表示を使用できます」と一瞬表示されます。使えるサイトの場合のみ表示されますのでご注意ください。

サイトにアクセスすると「リーダー表示を使用できます」と一瞬表示されます。使えるサイトの場合のみ表示されますのでご注意ください。

Safariの上部がこのようになれば、リーダー表示機能を利用できます。

「リーダー表示を使用できます」というコメントはすぐに消えますが、左のマークを見れば使用可能かどうか分かります。

左の横棒マークをタップしてみましょう!

左の横棒マークをタップしてみましょう!

 

このマークをタップしただけで、上記の見た目が一瞬で以下のようになります。

広告などの不要な情報がなくなり、記事の写真と文章のみに早変わり!これは見やすい!

広告などの不要な情報がなくなり、記事の写真と文章のみに早変わり!これは見やすい!

ほら、全然違うでしょ?

広告がなくなり、記事の本文と写真だけが抽出され見やすくレイアウトされます。

更によく見ると右上に「A」のマークがありますよね。

右上の「A」マークをタップしてみましょう!

右上の「A」マークをタップしてみましょう!

すると更にフォントサイズや背景色、フォントも好みに変更することができます。

好みの文字サイズ、背景色、フォントに変更可能!

好みの文字サイズ、背景色、フォントに変更可能!

私は文字を小さくし、背景色をクリーム色にしてみました。

くりぃむしちゅーの記事なのでクリーム色の背景にしたわけではありません、決して。

くりぃむしちゅーの記事なのでクリーム色の背景にしたわけではありません、決して。

iPhoneはどうしても小さいのでWebサイトを見づらいのですが、このリーダー表示機能を活用すれば、かなり快適に見ることができます。
本当に便利ですよー。

いかがでしたか?

くりぃむしちゅーが好きな方は2016年6月17日(金)の深夜1時、一夜限り復活のオールナイトニッポンをぜひ聞きましょう!(ん?あれ?)

スポンサーリンク
スポンサーリンク