【50分で完了!】iPhone 5sのフロントパネルも自分で交換しました!

スポンサーリンク

こんにちは。神戸や大阪など関西を中心に活動している経営コンサルタントの荻田(オギタ)です。

これまで何度かiPhoneのフロントパネルやバッテリーを自分で交換してきました。

【40分で完了!】とうとうiPhone 6のフロントパネルを自分で交換しました!

2017.02.24

【20分で完了!】今度はiPhone 5sのバッテリーを自分で交換してみました!

2017.01.25

【10分で完了!】iPhone 6のバッテリーを自分で交換してみました!

2016.12.21

一通り交換作業を行ったのでもうしばらくやることはないと思っていたら、割れましたねー、iPhone 5s。

やっちまった

もう体験したくないのに、あの割った時の切ない感じを再体験。

まあケースに入れてないのが悪いといえば悪いのですが、それにしても切ない。

この切なさをどうにかできないか、ということで、ちょっと悪あがきをして人形など置いて遊びます。

片付けてるっぽく

工事中っぽく

あ、意外と気持ちが軽くなってきた。バカバカしすぎて。

悲しみをリセットできたところで、前向きに対策を検討。

といっても当然これまで通り、自分で修理します。

注意
自分で修理を行うと、Appleの正規のサポートを受けられなくなります。
またフロントパネル交換は失敗する可能性もありますので、自己責任でお願いします。

まずはAmazonでフロントパネルを購入っと。

値段や評価を考慮し、このフロントパネルを購入しました。

3,599円(税込。2017年5月15日現在)

この値段で修理できるなら万々歳ですね。

さっそく届きました。

届いてビックリ!

これまでのバッテリーやフロントパネルはお世辞にも「ちゃんとしてる」とは言えませんでした。

パッケージも適当な感じだし、マニュアルも当然ついてないし。

しかし今回のはものは、まずパッケージがちゃんとしてます。

パッケージ

安いのにこんないいパッケージ使って、利益出せるのかなーと不安になるくらいちゃんとしてる。

ものすごくしっかりしてる

では中を見てみましょう。

これから更にビックリが私を襲ってきます。

中身

取り出しました

「ネジ保管プレート」がついてる!

これは交換時に外したネジを置くためのプレート。

配慮が細やかすぎる!

ここまで気遣ってくれるなんて、ユーザーに対する優しさに涙がでてきます。

ネジを置くプレート

このプレート、マグネットシートなんです。

だからネジを置くとプレートにくっつくので、ネジがぐちゃぐちゃになりにくいんですね。

素晴らしすぎる!

裏面を見るとマグネットプレートだと分かる

感動は更に続きます。

フロントパネルをよく見ると、何かあるぞ。何かある。

フロントパネル

なんと保護ガラスがついてる!

保護ガラスも付いてる!

これは保護シールじゃなくて、たぶんガラスのやつです。固いもん。

フロントパネルと保護ガラス

そしてまたまたビックリしたのが工具セット。

工具も充実してます

必要十分な工具

これもあの値段の付属品とは思えないクオリティ。

ほんとに?ほんとにあの値段でいいの?

値段からは考えられない質感です

そして最後に、これまでの修理パーツには一切付いていなかった「修理マニュアル」がついてます。

あー、もう素晴らしすぎて、ため息でます。

なんとマニュアルもついてる

さ、この商品のホスピタリティにひとしきり感動したら、早速交換作業を始めましょう!

まずは当然バックアップ。

パソコンにつないで完全バックアップしましょう。

バックアップが完了したらSIMカードを外します。

SIMカードを取り外しましょう

付属のマニュアル通りにやればいいのですが、私はネット上でやり方を予習していたので、それに従ってぱぱっとやっちゃいます。

マニュアル通りやればできますが、今回は使用せず

iPhoneの下面のネジを2本外します。

底面のネジを取って

取ったネジはプレートに乗せましょう。便利!

ネジはプレートに置くとくっつきます

ネジ2本を取ったらフロントパネルに吸盤をつけ、引っ張ります。

隙間が開いたら工具を挟み入れ、少しずつ開いていきます。

吸盤でパネルを開く

iPhone 5sは指紋センサーケーブルで本体とフロントパネルが繋がっているので、フロントパネルを外す際は注意が必要です。

指紋センサーケーブルがあるので注意

この指紋センサーケーブルのコネクタを外しましょう。

指紋センサーケーブルのコネクタを外します

次は液晶と本体をつなぐコネクタ。

これはプレートで固定されているので、このプレートのネジを外します。

液晶と本体をつなぐコネクタをカバーしてるプレートのネジを外します

プレートを外すとコネクタがでてきますので、工具でパチンパチンと外します。

プレートを外すとコネクタがでてくる

外したフロントパネルには「ホームボタン」や「フロントカメラ」が付いています。

交換用に購入したフロントパネルにはこれらの部品がついていないため、古いフロントパネルから外して流用する必要があるんです。

この作業が面倒なんですが、がんばりましょう!

まずはホームボタン。

最初に1つネジを外し、その後2つのネジを外します。

ホームボタンを外す

ネジを外したら、ホームボタンを表側から指でゆっくり押すと外れます。

ちょっと粘着的なもので付いているので、ゆっくりゆっくり。

ホームボタン外れました

次はフロントカメラ。

こちらはプレートで固定されているので、まずはプレートを外します。

フロントカメラを外します

ネジ2本を外しても、プレートが取れません。

これはプレートの一部にツメがついており、フロントパネルに引っかかっているためです。

なのでこのツメを工具で外す必要があります。

ツメでひっかけてる部品があるので注意

外したプレートを見ると、小さいツメが付いているのが分かります。

こんな感じのツメがついてました

プレートを外した状態はこんな感じ。

ツメ付の金具を取ったところ

この状態でスピーカーは簡単に外れます。

スピーカーは簡単にとれました

あとはフロントカメラ部分なのですが、粘着的なものでくっついていますので、工具などを使いながらゆっくりはがします。

これがはがれると、フロントカメラ関係のユニットがごそっと取れます。

ごっそり取れた

しかしこのユニットは金属のプレートと繋がっているため、これ自体が完全に取れるわけではありません。

フロントパネルは金属プレートとくっついてます

この金属プレートも取り外して流用しますので、ネジを外しましょう。

金属プレートのネジを外す

金属プレートを外したら分解は完了!

外れた!

後は購入した交換用のフロントパネルに金属プレートを取り付け、フロントカメラやスピーカーなど外したのとは逆の順番で取り付けていきます。

以前iPhone 6のフロントパネル交換をしたことがあるので覚悟はしていましたが、やはり一番の難所は「フロントカメラユニットの取り付け」でした。

このユニットにはフロントカメラだけでなく近接センサーもついており、それらを所定の位置にセットした状態でスピーカーを乗せ、そしてプレートを取り付けるのですが、ここでいつもフロントカメラや近接センサーがズレてやり直すことになるんですよ。

結局ここで20分ほど時間を消費してしまいました。

そんな悪戦苦闘の末、ようやく組み立て完了!

最後のネジ(iPhone下面の2本のネジ)を取り付ける前に電源を付けてテストしてみると…

ついた!

ついた!ついたぞっ!

電源がつくのを確認後、最後のネジを締めて完成!

結局50分かかりました。

あのフロントカメラユニットの取り付けがスムーズにできれば、30分ほどでできるんですけどねー。

次からは割れにくいよう、付属の保護ガラスも貼っておきました。

ガラスなので厚みがあり、その分ホームボタンを触るとくぼんだような感触があります。

また、このガラスちょっと青みがかっているので、iPhone 5sの白い部分が少し青っぽくなります。

でもこれで割れにくくなるなら、我慢だ!

しかし今回購入した交換用のフロントパネルはホントにすばらしい気配りでした。

また割れたらここのやつ買おっと。

注意
自分で修理を行うと、Appleの正規のサポートを受けられなくなります。
またフロントパネル交換は失敗する可能性もありますので、自己責任でお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク