おいしい殻付き牡蠣の食べ方 BEST 10!

スポンサーリンク

こんにちは。神戸や大阪など関西を中心に活動している経営コンサルタントの荻田(オギタ)です。

今回の記事は、こんなあなたにオススメです。

  • おいしい牡蠣の食べ方を知りたい
  • 大量の殻付き牡蠣をどうするか困っている
  • バーベキューやお花見、パーティーなどで殻付き牡蠣を食べる予定がある

では早速いきましょう!

先日、一斗缶に入った大量の殻付き牡蠣を食べ尽くしました。

楽しくておいしい!殻付き牡蠣 100個以上(10kg以上)入りの「一斗缶」徹底レビュー!

2017.03.14

興味本位で買った一斗缶入りの牡蠣ですが、色々な食べ方をすることで意外と飽きずに食べきることができました。

色々な食べ方をした中で、私が「これは本当に美味しい!オススメだ!」という食べ方をランキング形式でご紹介したいと思います!

ちなみに私が試した調味料や食材はざっとこんな感じです。

群雄割拠

上記写真が全てではありません。

写し忘れているものもあります。

では10位から順に見ていきましょう!

牡蠣のおいしい食べ方 第10位

ゆず胡椒(柚子胡椒、柚子こしょう)

柚子こしょう

私はもともとゆず胡椒が大好きなので、お鍋だけではなくステーキや焼肉、焼き鳥などなど、結構色々なものにゆず胡椒をつけて食べます。

よく牡蠣にレモンをかけて食べますよね。つまり牡蠣と柑橘類は相性がいい、と。

ゆず胡椒は「柚子と唐辛子と塩」で作られた調味料ですから案の定、バッチリ合いました!

ゆず胡椒好きなのもあって、もっと上位にしたいところだったのですが、これ単体では使わず「塩、醤油、ぽん酢」などにプラスする補助的な使い方だったので10位にしました。

牡蠣のおいしい食べ方 第9位

マリーシャープス ハバネロソース(激辛)

マリーシャープスのハバネロソースの一番辛いやつ

このソースとの出会いは沖縄のタコス屋さんでした。

沖縄タコスにハマる!「オキナワンタコス専門店 POW(ポー)」

2016.09.28

そのとき、あまりのおいしさにすぐさま検索して購入。

最初に買ったものはすでに使い切り、この写真のものは2本目です。(半年ほどで1本消費したことになります)

「タバスコとどう違うの?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、全く違います

まずは辛さ。タバスコも辛いですが、辛さはタバスコの数倍はありますね。だから辛いモノ好きでないと食べられないと思います。

また、タバスコは結構「酸味」があるのですが、このマリーシャープス ハバネロソースはあまり酸味がありません

もともと私はタバスコがキライで、その理由が酸味だったんです。

なのでマリーシャープス ハバネロソースは私にとって辛さも、酸味のなさも最高のソースなんですよね。

ちなみに今回の牡蠣でも大活躍だったので本当はもっと上位につけたかったのですが、ゆず胡椒と同様、このソース単体では使わなかったので9位にしました。

他のソースにプラスでこのハバネロソースをかけて食べていましたので、補助的な役割だったんですね。

しかしどのソースにもそつなく合い辛みとハバネロの風味をプラスしてくれるこのソース、辛いモノ好きな人は絶対買いです!

牡蠣のおいしい食べ方 第8位

醤油

醤油

まあこれは言わずもがなですね。

超ベーシック。基本中の基本。

牡蠣を食べるときに醤油を使わない人なんているのでしょうか。

もちろん安定のおいしさです。

特に美味しいのは焼き牡蠣ですね。

殻が開いたら上の殻を取り除き、そこにちょっと醤油をかけてしばらく火にかける。

醤油が香ばしくなったらもう食べ頃。その安定のおいしさに、ため息が止まりませんでした。

牡蠣のおいしい食べ方 第7位

ぽん酢

ポン酢

これも定番中の定番、ぽん酢。

生牡蠣を食べるときにはほとんどの方がぽん酢なのでは?

しかし私がオススメなのは醤油と同様、焼き牡蠣にポン酢。

実はポン酢も若干焦げさせることで、とてもいい香りと風味が出てくるんですよ。

そのままでも十分美味しいのですが、やったことのない方はぜひ焼き牡蠣に使ってみてください。

すこし香ばしくなるくらいがいいですよー。

牡蠣のおいしい食べ方 第6位

牡蠣ご飯(カキ飯)

うーん、たまらん!

炊き込みご飯が好きなので、これも作りました。

予想はしてましたが、おいしいのなんのって。

かなり手抜きで作ったのですが、そうとは思えないほどの旨みは牡蠣のおかげでしょう。

ちなみにレシピはこんな感じです。

牡蠣ご飯(2合)のレシピ

(材料)

  • お米:2合
  • 牡蠣:6〜8個(生でもレンジしたものでも酒蒸ししたものでもOK)
  • 油揚げ:適量
  • ★ 醤油:大さじ2
  • ★ みりん:大さじ2
  • ★ 酒:大さじ2
  • ★ 顆粒だし:4g
  • ★ ショウガチューブ:2cm

※ 今回はあり合わせの材料で作ったので具材がシンプルですが、ニンジンやしめじなど、お好みの具材を追加してくださいね。

(作り方)

1. お米をとぎ、釜に入れます。できれば30分から1時間、お水につけてください。(お水は少なめにしておく)

お米をとぐ

2. そこに調味料(★)を入れた後、2合の線まで水を入れます。

調味料を入れる

調味料を入れた後、2合の線まで水を入れる

3. 牡蠣や油揚げなどの具材を入れて、あとは普通に炊くだけ。

具材を入れたら、あとは炊くだけ

牡蠣ご飯完成!

以上!

いやー、簡単ですねー。それなのにバツグンに旨い!

牡蠣ご飯(カキ飯)恐るべし!

牡蠣のおいしい食べ方 第5位

ピザ風

ピザ風牡蠣

一手間かかりますが、食べて納得のおいしさだったのがピザ風。

これは牡蠣じゃなくてピザソースやチーズがおいしいのでは?なんて意地悪な突っ込みはダメですよ。

おいしさもバッチリ、そして「ちゃんと料理してる」感もバッチリなので、普通にお店で出せる一品ですね。

めちゃくちゃ簡単ですが、一応レシピを。

ピザ風牡蠣のレシピ

(材料)

  • 牡蠣:適量(電子レンジか酒蒸しなどで火を通したもの)
  • とろけるチーズ:適量
  • オリーブオイル:適量
  • パルメザンチーズ:適量
  • 乾燥バジル:適量
  • ピザソース:適量(トマトソースやケチャップでも代用可)

(作り方)

1. あらかじめ電子レンジ酒蒸しで火の通った牡蠣にピザソースを薄く塗ります。

ピザソースを塗り塗り

2. オリーブオイルを少しかけ、とろけるチーズを乗せます。

オリーブオイルをかけて、ピザやグラタンに使うチーズを乗せる

3. パルメザンチーズと乾燥バジルを振りかけます。

パルメザンチーズとバジルをかける

4. あとはオーブンにアルミホイルを敷き、数分焼くだけで完成。

焼き上がり!絶対うまいぞ!

いやー、簡単ですね。

でもこのビジュアル!「料理してるぞっ!」と主張できるほどのビジュアル。

そしてもちろん美味しい!

イタリアン好きの方は絶対にやってみてくださいね。

牡蠣のおいしい食べ方 第4位

レモスコ

レモン風味の辛い調味料「レモスコ」

知る人ぞ知る調味料、レモスコ。

広島では有名なのかもしれませんが、全国的にはまだまだ認知度は低いように感じます。

私も今回初めて使ったのですが、これは牡蠣のために作られたと言っても過言ではないでしょう。

それくらい合います。

パッケージにも書いてありますからね。

牡蠣だけでなくお好み焼きにもかけるのか!

そもそも牡蠣はレモンをかけて食べます。

レモスコさえあれば生のレモンは不要。そしてプラス青唐辛子の辛みがたまりません。

ちなみにレモスコは「生牡蠣、焼き牡蠣、蒸し牡蠣、電子レンジ」のどの調理法でも安定のおいしさでした。

焼き牡蠣にレモスコ

レモスコだけをかけて食べても十分おいしいのですが、他のものと組み合わせても最高です。

レモスコ自体が何にでも合うので、辛みが足りない時は9位のハバネロソースをプラス、醤油やぽん酢、ピザ風の上にレモスコをプラス、などなど、何にプラスしても本当においしくなるんです。

これは魔法の調味料だ!

牡蠣のおいしい食べ方 第3位

タバスコ

タバスコ、元々は生牡蠣用のソースなんですよ

これまでキライだったタバスコ

ピザを食べるときもパスタを食べるときも、全く使わなかったタバスコ

そんな私がタバスコを3位にする日がやってくるとは、夢にも思いませんでした。

タバスコが元々は生牡蠣をおいしく食べるためのソースだった、というのは最近知ったのですが、「えー、合わないでしょー」なんて思っていました。

しかし実際に牡蠣にかけて食べてみて納得がいきました。

タバスコの酸味や香りが牡蠣のクセを取り除き、辛みがクチの中を刺激する。

食べ終わったら自然と手が動き、気づいたら左手には次の牡蠣が、右手にはタバスコが握られていました。

クセになるおいしさです。

タバスコもレモスコと同様、「生牡蠣、焼き牡蠣、蒸し牡蠣、電子レンジ」のどの調理法でもおいしくいただけました。

焼き牡蠣にタバスコ

タバスコ嫌いな方も、ぜひ一度だけ、一度だけでいいので試してみてください。

私は今後牡蠣を食べる際は必ずタバスコを使います。

しかしこれまで通り、牡蠣以外ではタバスコは使いません。

そう、タバスコが好きになったのではありません。

牡蠣とタバスコの組み合わせが好きになったのです!

牡蠣のおいしい食べ方 第2位

アヒージョ

牡蠣のアヒージョ

これもほんとおいしいんですよねー。

しかも簡単ですし、バゲットがあればこれだけでほぼ一食いけるくらい、万能なうまさです。

牡蠣のクセはなくなり、ニンニクとオリーブオイルの香りが牡蠣の味にマッチし、オイリーなのにガンガンいけちゃう。

今後はスーパーなどで少量の牡蠣を購入し、たまに作ろうと決意しました。

一応レシピを載せておきます。

牡蠣のアヒージョのレシピ

(材料)

  • 牡蠣:6〜8個(生でも蒸したりレンジしたものでもOK)
  • マッシュルーム:3個
  • オリーブオイル:適量
  • ニンニク:適量(数かけら)
  • 塩:適量
  • 鷹の爪:1〜2本
  • バゲット:お好みの量

(作り方)

1. ニンニクをみじん切りにします。(スライスでもOK)

ニンニクのみじん切り

2. 小さい鍋にニンニクを入れ、オリーブオイルを注ぎます。

オリーブオイルをトクトクと注ぐ

3. さらに鷹の爪を投入したら火を点け、弱火でオリーブオイルにニンニクの風味をじっくり移していきます。

投入!

クツクツしてます

4. オリーブオイルにニンニクの香りが移ったら牡蠣とマッシュルームを投入し、弱火のまま5〜8分ほどクツクツします。

マッシュルームと牡蠣を投入後、塩で味を調えます

5. 最後に塩で味を調えれば完成!

牡蠣のアヒージョ完成!

完成したら後は食べるだけ。

そのまま食べてもよし。バゲットと一緒に食べてもよし。

バゲットに乗せて食べるのもいいですよ。

もちろん牡蠣のアヒージョをバゲットに載せるのも最高

バゲットにオイルだけつけて食べても、これまた絶品!

オリーブオイルにニンニクと牡蠣の旨みがしっかりついているのでバゲットと相性抜群!

牡蠣のアヒージョのいいところは、食べ終わってからも活用できること。

残ったオリーブオイルにはニンニクや牡蠣の旨みがギッシリ詰まっています。

これでパスタを作れば簡単に美味しい「牡蠣のペペロンチーノ」を作ることができますよ!

もちろんオイルやニンニクだけでなく、余った牡蠣やマッシュルームを入れれば具材もバッチリ。

一度で二度美味しい牡蠣のアヒージョ。

これは月一で作りたい定番メニューになりました!

牡蠣のおいしい食べ方 第1位!

サルサソース

サルサソース

強豪を押しのけて堂々の一位に輝いたのは、なんとサルサソース!

「たぶん合うかな」と軽く考えていたサルサソースが、まさかこんなに牡蠣と合うとは!

一番食べました。大量の牡蠣を食べましたが、一番多く食べたのがサルサソースがけでした。

だっておいしいから、気づいたらサルサソースをかけちゃってるんですよね。

トマトの優しい酸味、ほどよい辛さ、さまざまな野菜の香りと風味、それらが牡蠣と絶妙に絡み合い、ただかけるだけでもう立派な料理になってしまっている。

こんなにおいしいのに、こんなに簡単でいいの?ただかけるだけで?

労力とおいしさのバランスがおかしすぎる。簡単なのにおいしすぎる!

酒蒸しの牡蠣にサルサソース

タバスコなどと同様「生牡蠣、焼き牡蠣、蒸し牡蠣、電子レンジ」のどの調理法でも最高に美味しいんです。

そして更に私がオススメしたいのは、サルサソースにプラスでこれまでご紹介したソースをかけること。

「タバスコ、レモスコ、マリーシャープス ハバネロソース」などをサルサソースにプラスするだけで、至福の時間よこんにちは。

最後の方はサルサソースの上に「タバスコ、レモスコ、マリーシャープス ハバネロソース」全部がけ

この食べ方で何連続でいただいたことか。

サルサソースと牡蠣の組み合わせは、私の中で文句なしの一位でした。

最後に

いかがでしたか?

私は辛いものが好きなので、上位のほとんどが辛い食べ方になってしまっていますが、牡蠣には「辛みがあってサッパリした調味料が合う」という結論に至りました。

もちろん人それぞれ好みがあるでしょう。

大量の牡蠣を美味しく食べるため、あなたも様々な食べ方を試してみてください。

そしてあなた自身のランキング決め、色々な人に教えてあげてくださいね。

楽しくておいしい!殻付き牡蠣 100個以上(10kg以上)入りの「一斗缶」徹底レビュー!

2017.03.14
スポンサーリンク
スポンサーリンク