エクセルのお節介をやめさせる3つの設定方法

スポンサーリンク

はじめに

こんにちは。神戸や大阪など関西を中心に活動している経営コンサルタントの荻田(オギタ)です。

皆さんはエクセル、使ってますか?
私は仕事で数字を扱うことが多いため、エクセルがなくては仕事になりません。
エクセルを触らない日はないくらいのヘビーユーザーです。
エクセル大好き!

しかしそんな便利ですばらしいエクセルですが、初期設定のままだと結構使いづらいんですよね。
良かれと思ってあの手この手でサポートしてるのは分かるのですが、私にとってはお節介なんですよねー。

ですので私はパソコンに新しくエクセルをインストールしたら、必ずいくつかの「お節介」機能をオフにします。
皆さんももしエクセルを使っていて「ああ、うっとうしい!」と感じていたなら、設定してみてくださいね。

なお、説明に使用するエクセルのバージョンは「2013」です。それ以外のバージョンをご利用の方は若干設定方法が異なる可能性がありますのでご注意ください。

では順番にご紹介いたします!

【お節介その1】「貼付けオプションボタン」と「オートフィルオプションボタン」がでてくる

最初はこいつです。
セルをコピーして貼付けると、貼付けたセルの右下にボタンが出てきます。

01

貼付けたセルの右下にでてくる「貼付けオプションボタン」

「別に出てもいいじゃん」

と思われるかもしれませんが、上の状態だと「貼付けオプションボタン」が「B4」のセルの上にあるため、B4セルをマウスでクリックしたくてもできません。
「どいてくれ」と言ってもどいてくれません。ああ邪魔だ!

それともう一つ、エクセルの便利な機能の一つである「オートフィル」ですが、これを行った時も変なボタンがでてきます。

オートフィルオプションボタン

オートフィル後に出てくる「オートフィルオプションボタン」

ちなみにオートフィルとは、アクティブなセルの右下にある緑色の小さい■(「オートフィルハンドル」と呼びます)をマウスで上下左右いずれかの方向にドラッグすると、連続したデータが自動で入力されたりコピーされる、という機能です。

私はこれらのボタンを全く使わないためエクセルの操作上邪魔な存在でしかありません。

以下の設定で出ないようにできます。

① まずは左上の「ファイル」をクリック

左上

 

② メニュー左下の「オプション」をクリック

オプション

 

③ 左のメニューの「詳細設定」 → 「切り取り、コピー、貼り付け」 → 「コンテンツを貼り付けるときに[貼り付けオプション]ボタンを表示する」 のチェックを外して右下の「OK」をクリック

以上です。
この設定で「貼り付けオプションボタン」と「オートフィルオプションボタン」の両方が表示されなくなります。

【お節介その2】勝手に予測変換候補がでてくる

次はこいつ。
セルにどんどん文字を入力していると、ある時点から予測変換候補がでてきます。
これは文字を入力し始めた時、上のセルに同じ始まりのものがあると「同じ内容だな」とエクセルが勝手に判断し、文字が補完される機能です。

06

全く同じ内容を入力しようとしている時はいいのですが、そうではない時も勝手に補完されるため、結局「文字を削除して修正する」という無駄な手間が発生します。

これも設定でやめさせましょう。

① 左上の「ファイル」をクリック後、左下の「オプション」をクリック

左上 04

② 左のメニューの「詳細設定」 → 「編集設定」 → 「オートコンプリートを使用する」 のチェックを外して右下の「OK」をクリック

07

これで予測変換候補はでなくなります。

【お節介その3】URLやメールアドレスが勝手にハイパーリンクになる

最後はこいつ。
セルにホームページなどのURLやメールアドレスを入力してエンターを押すと、そのセルが勝手にハイパーリンクになってしまいます。

09

ハイパーリンクになったセルをクリックすると、勝手にブラウザが開いてそのURLを表示します。ああ鬱陶しい。

また、このシートを印刷するとハイパーリンクの部分は上記の通り青く、下線が入った状態で印刷されます。

これも設定でやめさせましょう。

① 左上の「ファイル」をクリック後、左下の「オプション」をクリック

03 04

② 左のメニューの「文章校正」 → 「オートコレクトのオプション」の「オートコレクトのオプション」ボタンをクリック

10

③ 「入力オートフォーマット」タブの「インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する」のチェックを外して「OK」をクリック

11

以上です。
これでURLやメールアドレスを入力しても、勝手にハイパーリンクになりません。

最後に

いかがでしたか?
私と同じように「うっとうしいなぁ」と思っていた方はとにかく設定してみてください。

エクセルのお節介機能をオフにして、便利なエクセルを快適に使いましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク