ネコにも大人気!寒い冬のベッド(布団)には絶対に「電気敷き毛布」を!

スポンサーリンク

こんにちは。神戸や大阪など関西を中心に活動している経営コンサルタントの荻田(オギタ)です。

寒い季節。

私は昔から寒いのが苦手なので、家ではさまざまな防寒対策を行っています。

特に寒いのは寝る時。

冬場に布団(ベッド)に入った時の、あの「ヒヤッ」とした感じがイヤなんですよねー。

そして朝方の冷え込みで震えながら布団にくるまる、あのつらさ。

しかし5年ほど前に出会った、この電気敷き毛布で冬場の睡眠が劇的に変わりました。

なかぎし【水洗いOK】 敷き毛布 140×80cm NA-023S

2,147円(税込、2017年1月5日現在)

正確にいうと、私が使っているものはすでに販売されていないため上記商品ではないのですが、性能などはほぼ同じです。

前回、以下の記事も紹介したのですが、この「ゆたぽん」よりも広い範囲を電気で温めるので、温かさは段違いです。

寒い夜もこれで足下あったか!「レンジでゆたぽん」

2017.01.02

本来はこちらの電気敷き毛布の方を先にオススメすべきなのですが、数年間使っているため「当たり前の存在」になってしまい、すっかりご紹介するのを忘れていました。

それくらい、我が家ではなくてはならない定番商品になっています。

この商品の特徴は以下の通りです。

  1. 電気式なので、ずっと温かい
  2. 温度調節が可能
  3. 電気代が安い
  4. 商品自体が安い

まず電気式なので、当然ですが電気が付いている間はずっと温かいです。

さらにその温かさも「強・中・弱」と調整できます。

私はほぼ「中」で使用してますね。

そして特筆すべきは電気代の安さ。

仮に「中」で一日8時間、30日使った場合の電気代は約120円です。(地域により若干差があります。)

一ヶ月、毎日寝ている間に使って120円ですから、かなり安いですよねー。

当然この商品は寒い時期しか使いませんので、12月〜3月までの4ヶ月間使ってもトータルで480円の電気代で済みます。

我が家のかわいいネコたちも大のお気に入りで、人間がいないときはベッドでヌクヌクと寝ています。

なのでその状態ではなかなかOFFにできず(かわいそうなので)、我が家では一日16時間くらいつけていますね。長いときは24時間つけっぱなしの時も。

一日16時間使っても、4ヶ月で電気代はトータル約960円!安い!

エアコンなどの暖房費と比べると、格段に安いですよね。

そして商品自体も2,000円ちょっとで買えるという安さ。

もしも夜寝るときに寒くてつらい方は、絶対にオススメですよー!

ただ、この商品にも弱点があります。

それは「寝てる間にグチャグチャになる」ということ。

商品自体がとても薄いので、普通に敷くだけでは朝には足下にギュッと寄ってしまいます。

敷き布団に固定するゴムなどはついておらず、そもそも敷き布団より小さいため、敷き布団全体を覆うことはできません。

ですので、私は「シーツの下」に敷いています。

まず以下のようにベッドにマットレスが乗った状態から。(シーツは取った状態)

ベッドとマットレスを横から見たところ

通常はここにシーツを敷くのですが、その前に電気敷き毛布を敷きます。

長さが140cmしかないため、全体に敷くことはできません。

私は足下から肩あたりまで温かくなるよう、足下に合わせて敷いています。(下図の赤いのが電気敷き毛布です)

マットレスに電気敷き毛布を敷く

そしてこの上にシーツをかぶせるんです!

我が家は「ボックスシーツ」というのを使っています。

最後にシーツをかぶせる

こうすることで、電気敷き毛布はかなりズレにくくなります。

それでも少しずつズレてしまいますが、これは1週間に1回程度、直せば済みますからね。

もうこれなしでは生きていけないくらい、冬にはなくてはならない存在です。

昔の私のように寒い冬の夜や朝にお困りの方には、かなりオススメアイテムですよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク