【コストコ】「牛タン好き」は絶対買い!厚みと旨みにメロメロ。「USAビーフ タン厚切り焼肉用」

スポンサーリンク

こんにちは。神戸や大阪など関西を中心に活動している経営コンサルタントの荻田(オギタ)です。

これまでもコストコのお肉をたくさん紹介してきました。

コストコと言えばやっぱりお肉ですよねー。なかなか日本では売っていないボリュームラインナップが魅力なんです。

そう、だから今回もお肉!それも牛タン!

今回ご紹介するのは、牛タン好きなら絶対に後悔しない一品です。

一般的に牛タンは焼き肉屋さんで食べますよね。あの薄いやつ。

あれもいいんですよ。あの薄いのがたまりません。

しかし厚みがあるのも、これまた旨い。

噛みごたえや肉汁がクセになるおいしさです。

今回ご紹介する牛タンはコストコの「USAビーフ タン厚切り焼肉用」です!

パッケージはこんな感じです。

パッケージ

どうでしょう、このボリューム!

色もキレイで、食欲をそそりますよねー。

ただし価格は3,660円(税込、2016年12月6日現在)という、なかなかのお値段です。

ラベル

735gで3,660円なので、100gあたり498円です。

高く感じるかもしれませんが、Amazonで売っている牛タンと比べてみると、安さが分かります。

上記Amazonで販売されている牛タンは330g5,172円(送料込。2017年1月16日時点)ですから、仮に735gだったら11,519円ということになります。

なんとコストコの牛タンの3.1倍!

スーパーで価格を調べたかったのですが、このような厚切り牛タンが売っていなかったので参考価格が分かりませんでした。

しかしネット上の様々な情報を見る限り、コストコの厚切り牛タンはかなり安いと思います。

安さだけでなく、この商品のオススメポイントは、なんと言ってもこの厚み

この厚み、分かりますか?

iPhone SEと比較してみると同じか、ちょっと厚いくらいです。

iPhone SEと厚み比較

うーん、すばらしい厚み!

厚みだけでなく、面積もなかなかですよー。

iPhone SEと比較

一枚セレクトして、iPhone SEと並べてみました。

iPhone SEと比較。でかい!

大きいですよねー。

大きさも厚みもあって、一枚食べるだけでもかなりのボリュームです。

サンプルとして一枚の重さを量ってみました。

一枚で約40g

大きさはバラツキがあるので一概には言えませんが、約40g。

このタンは42gだったので、これ一枚で209円です。

このボリュームのものを焼き肉屋さんで食べたら、こんな値段では食べられませんからねー。

我が家では大体、買ってきたその日に何枚か食べます。

そして残った分は当然小分けにして冷凍に。

4枚ずつセットで冷凍しておくと「ちょっと今晩のおかずに」という感じで何かと便利です。

さあ、もう細かい説明は不要でしょう。

とにかく焼いて食べる。それだけです。

私のオススメは、フライパンで焼くより、やっぱり網焼き

網焼きにすることで肉汁が下に落ち、表面が香ばしく焼き上がります。

焼くときはあくまで強火で。表面を素早く焼くことで、必要以上に肉汁が出るのを防ぎます。

強火で焼いても当然肉汁はでるのですが、この肉汁により煙がでるため、その煙で牛タンにいい香りがつきます。

本当は炭火焼きができればいいのですが、なかなか普段は難しいですよね。

我が家ではコンロで網焼きにします。

肉汁による大量の煙が発生しますが、おいしい牛タンのためならこれくらい我慢です!

両面に塩こしょうして強火で網焼き!

焼き過ぎは禁物。

コストコの「USAビーフ タン厚切り焼肉用」は分厚くても柔らかいのですが、焼きすぎるとその柔らかさも損なわれます。

この牛タンのおいしさをしっかりと味わうため、ミディアムくらいに焼き上げましょう。

片面がほどよく焼けたら、ひっくり返します。

裏返し!

ああ、もう焼いている時点で香りと見た目でメロメロになります。

焼き上がりました!

おいしいに決まってる

牛タン好きなら、このビジュアルだけでもう我慢できませんよね。

「安いけど味は?」と不安になるかもしれませんが、ご安心ください!

これほどの分厚さなのに、やわらかく、肉汁たっぷりで旨みも十分。大満足の味です。

本当に分厚いので、柔らかいとは言っても食べづらい場合もあります。

そういう方は、焼く前に表面に浅く切れ目を入れておくといいですよ。

コストコ会員の方で牛タン好きの方は、是非一度お試しください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク