【コストコ】ジューシーで栄養満点の万能選手「さくらどり(もも肉)」

スポンサーリンク

こんにちは。神戸や大阪など関西を中心に活動している経営コンサルタントの荻田(オギタ)です。

前回と同様、今回の記事もコストコネタです。
この間コストコに行って「まとめ買い」したので、ネタはたくさんあるんですよねー。

さて、前回の記事でも書きましたが、私はコストコの商品の中で「常備しているもの」がいくつかあり、今回もその「常備品」の一つです。

多分コストカー(コストコのヘビーユーザーを勝手に造語にしてみました。流行るかな?)でこれを買ったことがない人はいないと思います。
それくらい有名な一品です。

それは「さくらどり(もも肉)」

コストコはアメリカの会社なので「外国産じゃないの?外国産の鶏肉はちょっと」というあなた、ご安心ください。

この「さくらどり」は国産品です。

ちなみに名前の由来は「お肉がさくらのようにキレイなピンク色だから」だそうです。

色がいいだけでなく、実際食べて見るとジューシーでとってもおいしいのですが、それだけではなく、一般の鶏肉と比べてビタミンEの含有量が3倍以上なのだとか!

鶏のもも肉はいろんな料理に使えますからね。スーパーで買う方も多いと思います。

でも私はコストコでこの「さくらどり(もも肉)」を購入し、冷凍して使っていますので、スーパーで鶏もも肉を買うことはほとんどありません。

まずはパッケージ!

こんな感じで真空パックにして売られています。

こんな感じで真空パックにして売られています。

このように鶏もも肉が真空パックでパッケージされています。

上の写真が左右に分かれてパッケージされているのが分かりますか?

左と右でそれぞれ独立しているので、ハサミでカットして分けることもできます。

ちなみに1パッケージに鶏もも肉が2枚入っています。

パッケージの裏面を見てみましょう。

裏面。

裏面。内容量 2.4kgと書いてありますね。

裏面には「さくらどり」の特徴や内容量などが書いてあります。

2.4kgで1,998円(税込)でした。(2016年6月23日現在)

ということは100gあたり83.25円。

たぶん平均的な鶏もも肉の価格としては安いと思いますが、かといって「めちゃくちゃ安いか」というと、それほどでもないと思います。おそらくもっと安いスーパーもあるでしょうし。

さてこの「さくらどり」。初めて見た方は「真空パックが2パックついてるのね」と思われると思いますが、実は違います。

実は4パックあったのだ!

実は4パックあったのだ!

実は4パックあります。

売っている時はこれを半分に折りたたんでテープで留めてあるんですね。

つまり1パックに鶏もも肉が2枚入ってますので、

2枚×4パック=8枚

の鶏もも肉が入っているということになります。

これはなかなかの量ですよー。

ですので私は前回の記事でご紹介した「リブフィンガー」と同様、この「さくらどり」も買ってきたら調理しやすい大きさにカットして、一回に使う分量にラップで小分けにして冷凍保存します。

そうそう、切り分ける前に、パッケージから出したらキレイに水洗いしましょうね。
そうすると鶏独特のクセが少し和らぎます。キレイに洗って、そしてカット!

もちろん一枚肉として使うことが多い方はカットに必要はありませんけどね。

8枚分の鶏もも肉をカットしてラップに小分けにしたら、こうなりました。

iPhone SEと比較。スゴイ量だ!

iPhone SEと比較。スゴイ量だ!

一度購入すれば、しばらく買う必要はなくなります。

私がよく作るのは唐揚げですね。

このさくらどりで作るとジューシーでおいしい唐揚げができるんですよねー。

コストコデビューしたばかりの方や、まだ買ったことのない方は「さくらどり(もも肉)」ぜひ一度お試しください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク