【コストコ】電子レンジで簡単にポップコーンが楽しめる「MICROWAVE POPCORN」が格安でおいしい!

スポンサーリンク

こんにちは。神戸や大阪など関西を中心に活動している経営コンサルタントの荻田(オギタ)です。

今回はコストコのお気に入り商品をご紹介します!

KIRKLAND Signature「MICROWAVE POPCORN」〜MOVIE THEATER BUTTER〜
(カークランドシグネチャー 「マイクロウェーブ ポップコーン」 〜ムービー シアター バター味〜

P1320729

カークランドシグネチャー マイクロウェーブ ポップコーン

その名の通り、ポップコーンです。

ご存じない方に一応説明しておくと、「KIRKLAND Signature(カークランドシグネチャー)」というのはコストコのプライベートブランドです。

コストコで買うよりはちょっと高いですが、Amazonにも売ってます。

プライベートブランドなので当然コストコでしか売っていません。
そして安くていい商品が多く、私もコストコではよく購入します。

今回ご紹介するポップコーンのオススメポイントは

  • 安い!(一箱 1,498円。44袋入りなので、1袋34円!)
  • 電子レンジで簡単に作れる(容器に移し替える必要もない!)
  • おいしい(できたてのポップコーンのおいしさ!)

です。

価格について
上記は平成28年6月19日(日)現在の価格です。(税込)

では実際に作ってみましょう!

まずはパッケージ。

箱はかなり大きいです。なんせ44袋入ってますからねー。

箱はかなり大きいです。なんせ44袋入ってますからねー。

原材料など。賞味期限は9ヶ月くらいですね。

原材料など。賞味期限は9ヶ月くらいですね。

箱に日本語の作り方が書いてあります。

箱に日本語の作り方が書いてあります。

カロリーなど(英語)

カロリーなど(英語)

では箱を開けてみましょう!

箱を開けると袋がぎっしり! 44袋入ってます!

箱を開けると袋がぎっしり!
44袋入ってます!

箱の中には小袋がぎっしり!

小袋はこんな感じです。

このような小袋が44袋はいってます。

このような小袋が44袋はいってます。

この写真だと大きさが分からないので、iPhone SEと比較してみました。

iPhone SEと大きさ比較

iPhone SEと大きさ比較

電子レンジで調理する際はビニール袋から出さないといけません。

ビニール袋から出してみました。この紙袋のまま、電子レンジでチンします。

ビニール袋から出してみました。この紙袋のまま、電子レンジでチンします。

この紙袋のまま、電子レンジで調理しますので、調理前にこの紙袋は破ってはいけません!

紙袋は折りたたまれているのですが、それを広げるとこんな感じ。

紙袋は折りたたまれているのですが、それを広げるとこんな感じ。

紙袋の反対側。

紙袋の反対側。

電子レンジで調理する際、どちら側を上にするのか、よく注意してくださいね。

調理の際はこちら側は下です!

調理の際はこちら側は下です!

調理の際こちら側が上です!

調理の際こちら側が上です!

よし!では早速電子レンジで作ってみましょう!

ちなみに箱の説明書きには「調理時間 1分45秒 電子レンジで加熱」と書いてありました。

ちなみに我が家の電子レンジは500wです。

まずは説明通りにやってみましょう。

「THIS SIDE UP」の面を上にしてレンジ開始!

「THIS SIDE UP」の面を上にしてレンジ開始!

1分45秒たったので、電子レンジから出してみました。

あれ…?あんまり膨らんでない…

あれ…?あんまり膨らんでない…

ん?なんか思ったより膨らんでない。

電子レンジの中では多少紙袋が膨らんだのですが、出したらペッタンコになってしまいました。

では紙袋を開けてみましょう!

全然できてないぞ!

全然できてないぞ!

なんと!全然ポップコーンできてない!

はじける音が少なかったので薄々感じでいましたが、全然ダメです!

説明書きをよく読むと

「とうもろこしがたくさん残っていたら、調理時間を延ばす必要があります。」

と書いてあります。さらに

「電子レンジから離れず音を確認して下さい。ポップコーンのはじける音の間隔が1〜2秒になったらレンジを止めてください」

とあります。

よし!最適な時間を見つけるぞ!

今度は電子レンジを長めに設定し、はじける音がほぼなくなるまで加熱してみます!

1分45秒を経過した後、はじける音が激しくなってきました。紙袋もパンパンです!

1分45秒を経過した後、はじける音が激しくなってきました。紙袋もパンパンです!

ずっと音を聞いていると、ちょうど5分くらいではじける音がほぼなくなりましたので調理終了!

先ほどとは違い、紙袋はパンパンです!

紙袋がパンパンだ!

紙袋がパンパンだ!

開けてみるとポップコーンがギッシリ!

開けてみるとポップコーンがギッシリ!

やはり1分45秒では短すぎたんですねー。

しかし今回5分間調理したのですが、一部のポップコーンが焦げてます。
ちょっと長すぎたようです。

はじけ率(ポップコーンになっている率)を確認するために容器に移しました。

大きめの容器に移したのですが、こぼれそうです。

大きめの容器に移したのですが、こぼれそうです。

ほとんどがポップコーンになってました。

はじけ率は98%!
はじけずに残ったコーンは10粒ほどでしたね。

しかし食べて見ると、ポップコーンのうち20%程度はちょっと焦げたニオイがします。少しニガイです。

左がおいしいポップコーン。右は焦げてます。

左がおいしいポップコーン。右は焦げてます。

つまり5分でほぼ全てがポップコーンにはなるのですが、加熱しすぎで焦げてしまいます。

味はバター味で、結構しっかり塩もきいています。

「MOVIE THEATER BUTTER」と書いてあるとおり、映画館のポップコーンの香りと味を家庭で楽しめます!

これで一食34円は本当に格安ですねー!

調理時間は色々試したのですが

500wの電子レンジで4分10秒加熱

が私が出した結論です。

この時間だと「はじけ率」は80%くらいですが、焦げると苦くなってしまうので、やり過ぎは注意が必要です。

もちろん電子レンジによって時間は変わると思いますので、みなさんも私の経験を参考に、ご自身の電子レンジの最適時間を探して下さいね。

なお、電子レンジ調理ではじけなかったコーン
もったいないのでフライパンで再調理してみたのですが、あまり大きくキレイにはじけてくれませんでした。
一応はじけるのですが、小さくて固いので食べられませんでした。

恐らくはじけずに残ったコーンは「はじけにくいコーン」なのだと思います。

ですのではじけずに残ったコーンは、もったいないけど捨てましょう。

お家で映画館のポップコーンをお手軽に格安で楽しめるコストコの「MICROWAVE POPCORN」、みなさんもぜひお試しください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク