アクアリウム完全初心者の立ち上げレポート(シュリンプ編)

スポンサーリンク

こんにちは。神戸や大阪など関西を中心に活動している経営コンサルタントの荻田(オギタ)です。

これまでのアクアリウム関連記事は以下の通りです。

アクアリウム完全初心者の立ち上げレポート(アカヒレ編)

2016.09.09

アクアリウム完全初心者の立ち上げレポート(水槽レイアウト編)

2016.09.09

アクアリウム完全初心者の立ち上げレポート(流木にウィローモス編)

2016.08.08

アクアリウム完全初心者の立ち上げレポート(流木の購入とアク抜き編)

2016.07.27

アクアリウム完全初心者の立ち上げレポート(グッズ購入編)

2016.07.27

アカヒレを数日飼ったことで、おそらくバクテリアも繁殖してきたということで、ようやく水槽の立ち上げが完了しました。

そこで今度はアカヒレ以外の生体も入れていきます。

私がアクアリウムを始める前から決めていたのがシュリンプ!そう、エビです!

なぜエビなのか。まずは小さくてかわいいでしょ?

カラフルなのもいるし、愛嬌があって癒やされそうですよね。

そして大事なのが水槽内を掃除してくれること。

魚のエサの食べ残し、コケや藻などをツマツマして食べてくれるそうです。

なので基本、コケや藻が豊富にあればエビのエサは不要なのです。自立してるなー。

ちなみにアカヒレを入れてから一週間程度たっていますが、水槽内のそこかしこで藻やコケが目につくようになっていました。

なので早くエビを入れてお掃除してもらわないといけません!

種類が豊富なので迷いますが、「掃除力・見た目・育てやすさ」の3点を重視し、2種類のシュリンプを飼うことにしました。

まずは小さくて赤くてかわいい「レッドチェリーシュリンプ」

比較的飼いやすい、赤くて小さいかわいいエビです。

ただし体が小さい分、お掃除能力はそれほどでもないようです。

なので10匹購入しました。1匹168円。

 

レッドチェリーシュリンプ 168円×10匹

レッドチェリーシュリンプ 168円×10匹

元気に泳いでます

元気に泳いでます

もう1種類はお掃除能力の高いヤマトヌマエビ!

こちらはレッドチェリーシュリンプよりも体がかなり大きく、その分お掃除能力も非常に高いエビです。

アクアリウムの世界では重宝されており、なくてはならない存在です。

お掃除能力が高すぎて、あまりたくさん入れるとコケや藻などがなくなってしまい、エサをあげる必要がでてくるほどだとか。

というわけで体も大きいし少なめの3匹を購入。1匹148円。

こちらはヤマトヌマエビ 148円×3匹

こちらはヤマトヌマエビ 148円×3匹

アカヒレの時と同様、まずは水温を合わせるため30分から1時間ほど水槽に浮かべます。

水温を合わせてます

水温を合わせてます

水温合わせが終わったら今度は水合わせ。

洗面器に移し、水槽の水を少しずつ足していきます。

シュリンプは水質の変化に敏感らしく、この水合わせは非常に慎重に行う必要があるのだとか。

というわけでアカヒレの時よりもいっそう慎重に水合わせを行いました。

洗面器に入れて水合わせ

洗面器に入れて水合わせ

ネットのようなものは店の人が入れたものです。

たぶんシュリンプはつかまるものがあったほうが落ち着くとか、そんな理由で入れているんでしょうね。

レッドチェリーシュリンプかわいい!

レッドチェリーシュリンプかわいい!

もちろんレッドチェリーシュリンプだけでなく、ヤマトヌマエビも水合わせを行っています。

ヤマトヌマエビも水合わせ

ヤマトヌマエビも水合わせ

不安なのか、寄り添っている姿がまたかわいい

不安なのか、寄り添っている姿がまたかわいい

レッドチェリーシュリンプも寄り添ってる!

レッドチェリーシュリンプも寄り添ってる!

洗面器内ではどちらのシュリンプも不安なのか、寄り添うことが多く、とてもかわいかったです。

慎重に水合わせも行ったので、いよいよ水槽に投入です。

うまくいってくれ!

水槽に入れたとたん、ツマツマし始めるヤマトヌマエビ

水槽に入れたとたん、ツマツマし始めるヤマトヌマエビ

入れてビックリしたのはシュリンプたちの行動。

なんと入れるや否や、すぐにそこかしこをツマツマとし始めたのです。

つまりコケなどを食べているんですね。

それもスゴイ勢いです。どのシュリンプたちも休むことなく、黙々とツマツマしてます。

 

なんて働き者なんだ!

特にヤマトヌマエビがスゴイ!手の動きがスゴすぎる!

前評判通り、ものすごく働き者です

前評判通り、ものすごく働き者です

レッドチェリーシュリンプの赤がいいですねー

レッドチェリーシュリンプの赤がいいですねー

水槽にエビがいるっていいですねー

水槽にエビがいるっていいですねー

仲良くしてくれてます

仲良くしてくれてます

ああ、赤がキレイだー

ああ、赤がキレイだー

いい!シュリンプいい!

かわいいし水槽の掃除もしてくれるし、もう言うことなし!100点満点!

あまりにかわいいのでちょっとエサをあげたくなり、買ってきて投入してみました。

するとエビは嗅覚(エビにあるのかな?)が優れているのか、結構早めに見つけておいしそうにツマツマ食べてます。

ヤマトヌマエビのある一匹などは独り占めするために抱え込み、運びながらツマツマ食べてました。

エビのエサを抱え込んで独り占めするヤマトヌマエビ

エビのエサを抱え込んで独り占めするヤマトヌマエビ

いやー、よろこんでくれてるなー。エビ用のエサ買ってあげてよかった。

レッドチェリーシュリンプは小さいのでさすがに抱え込めません。おとなしく食べてました。

やっぱりエサはおいしいんだね

やっぱりエサはおいしいんだね

ちなみに彼らの大活躍により、水槽内に増殖しつつあった藻は翌日にはかなり少なくなっていました。

恐るべし、シュリンプ!

シュリンプを入れて数日後、水槽を見ると…

エビがっ、エビがっ!

エビがっ、エビがっ!

ああっ、死んでるっ!

ん、ん?あれ、違う、よく見たらこれ、エビの抜け殻だ!

調べるとエビって結構脱皮するらしいです。あービックリした。

この抜け殻、見つけたらできるだけ早くピンセットなどで撤去しましょう。

このまま放っておくと、抜け殻はどんどん柔らかくなって溶けてしまいます。

水に溶けると水質悪化の原因になるからよくないんですよね。

すぐに撤去できればピンセットでつまめるんですが、しばらく時間がたつとどんどん柔らかくなり、ピンセットではつかめなくなってしまいます。

そんなときに便利なのがこれ。

結構大きいスポイトなので、トロトロになったエビの抜け殻を吸い取って除去できます。

ふー、本当にビックリしました。

とにかくかわいくて働き者のシュリンプは、アクアリウムには必須の存在ですね。

【追記】

「アクアリウム完全初心者の立ち上げレポート」のまとめを作成しました。

アクアリウム完全初心者の立ち上げレポート(まとめ)

2016.09.14
スポンサーリンク
スポンサーリンク