Amazonビデオの「プライム対象」で戦争について学べる作品 5選

スポンサーリンク

はじめに

こんにちは。神戸や大阪など関西を中心に活動している経営コンサルタントの荻田(オギタ)です。

もうすぐ終戦記念日ですね。

私は子供の頃に広島に住んでいたことがあるので、広島に原爆が投下された8月6日や長崎に投下された8月9日、そして8月15日の終戦記念日などは子供のころから強く意識していました。

同じ悲劇を繰り返さないために、広島はそのあたりの教育も熱心だったように思います。

しかし私は学生の頃、歴史や地理が苦手で全然勉強しませんでした。

もちろん試験のための勉強はしているのですが、興味を持って学んでいないため、全く理解できていない状態だったんですねー。

私はAmazonプライム会員なので、Amazonビデオの中で「プライム対象」の作品は見放題!

せっかく見放題なので色々な作品を見たのですが、ふとしたキッカケで戦争に関する作品を見始めました。

それらの映像を見ることで戦争や歴史について学び、興味を持ち、それがキッカケとなって自分で調べたり本を読んだりして、少しずつ知識が固まってきています。

もしも私のように「昔は歴史が嫌いだった」という方がいらっしゃれば、今回ご紹介する作品で興味を持っていただければ、と思います。

もちろん無料で見ることができるのは「Amazonプライム会員」の方のみです。

Amazonプライムは年会費は3,900円(税込。2016年7月20日現在。)ですから、受けられるサービス内容を考えると、かなり割安ですよね。

入会されていない方は検討の価値がありますよー!

ちなみに以前はAmazonビデオのプライム対象の中でおもしろくて笑った作品をご紹介しました。

Amazonビデオの「プライム対象」でおもしろくて笑った作品 5選!

2016.07.18

どうしても戦争関係の映像は気持ちがつらくなってしまいます。

そんな時は上記の楽しい作品を見てリセットしてくださいね。

プライム対象 戦争について学べる作品 5選

今回は5つの作品をご紹介するのですが、できればこの順番通りに見ていただきたいです。
一応その理由もありますので、それについても書いていきます。

プライベート・ライアン

プライベート・ライアン (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 3,557

これは非常に有名な作品ですね。

まさに名作中の名作。すでに見たことのある方も多いでしょう。

過酷なノルマンディ上陸任務の後、ミラー大尉以下8人の兵士は行方不明のライアン二等兵救出を命じられる…。アカデミー賞(R)監督賞ほか全米映画賞を独占したスピルバーグの最高傑作! 冒頭30分のノルマンディ上陸作戦の描写は映像、音響ともに迫真の名場面。この感動と迫力はぜひ、5.1チャンネルで体感して欲しい。
(Amazonビデオの説明より)

この作品で私が衝撃を受けたのは、最初の約30分間に繰り広げられる「ノルマンディー上陸作戦」の場面です。

映像や音の迫力がすごく、臨場感が半端ではありません。

「この中に身を置いて、生き残る自信はない」と直感的に感じるほど、すさまじい戦場です。

ノルマンディー上陸作戦はいくつかの上陸ポイントがあるのですが、この映画に描かれているのは最も悲惨だった「オマハ・ビーチ」です。

それはもう、本当にこの世の地獄なんです。

冒頭のノルマンディー上陸作戦のシーン、実際にオマハ・ビーチにいた兵士の方が「かなり忠実に再現されている」とおっしゃったそうです。恐ろしい。

まずはこの「プライベート・ライアン」をご覧いただくことで、戦争の恐ろしさや、「ノルマンディー上陸作戦」についての興味を持っていただければと思います。

もちろんノルマンディー上陸作戦以降のストーリーも非常に考えさせられる、いい映画です。

「ノルマンディー上陸作戦」への興味が湧いてきたら、次の作品をご覧下さい。

大戦を左右した伝説の奇襲作戦 (吹替版)

これは映画ではなく、ナショナルジオグラフィックの番組です。

第二次世界大戦で連合軍を勝利に導いた「伝説の奇襲作戦」を、参戦した隊員の証言を元に再現した作品です。

第二次世界大戦下、ヒトラー率いるドイツ軍はヨーロッパ全土を占領しようともくろむ。これを何としても阻止すべく連合国軍は立ち上がった。ドイツ・イタリアをはじめとする枢軸国軍と英米仏などの連合国軍の戦いが激しさを増す中で、歴史の流れを変えた精鋭部隊の活躍があった。このシリーズでは、彼らが命懸けで携わった特殊作戦を詳細に分析し、専門家による解説や当時の隊員たちの証言を交えながら紹介する。
(Amazonビデオの説明より)

全6話あるのですが、第1話が「ノルマンディー上陸作戦」なんですよ!

ですので先ほどの「プライベート・ライアン」の激戦を、解説を交えながら学ぶことができます。

ただ、プライベート・ライアンは「オマハ・ビーチ」上陸作戦でしたが、こちらはオマハ・ビーチとは「違う場所」の上陸作戦です。

プライベート・ライアンで描写されているビーチの情景や戦術等とは異なるため、同じだと思って見てしまうと「え?どっちが本当?」となってしまいます。

作戦自体は同じですが、上陸ポイントが違うことは覚えておいてくださいね。

第2話以降も「そんなの無理!」と言いたくなるような困難な作戦が続きます。

しかしそんな困難な作戦を、命がけで遂行していく部隊に心が熱くなり、思わず涙がでてきます。

私が特に好きなのは

  • 第1話「ノルマンディー上陸作戦:レンジャー部隊」
  • 第2話「特殊山岳部隊ブラックデビル」
  • 第3話「ルーデンドルフ橋奪取作戦」

です。

どれもスゴイ作戦なんですけどね。その中でも特に上の3話が「うわー!きゃー!がんばれー!」となりました。

この作品も、戦争への興味を持っていただくキッカケになると思います。

黙示録:カラーで見る第一次世界大戦

これも映画ではなく、ナショナルジオグラフィックの番組です。

第一次世界大戦は本当に避けられなかったのか? 後に起こる第二次世界大戦との関係は? 300時間を超える貴重な映像を基に、こうした疑問に答えを見いだしていく。
(Amazonビデオの説明より)

「プライベート・ライアン」や「大戦を左右した伝説の奇襲作戦」を見ることで、恐らく第二次世界大戦への興味がわいてきたと思います。

これまでは「世界大戦」をピンポイントで見てきましたが、ここからは「世界大戦」の全体像を把握していきます。

まずは第一次世界大戦です。

全5話ありますので、順番に見ていくことで、どのように第一次世界大戦が始まり、どのように進行して、どのように終わるのかがざっと分かります。

もちろん一度通して見ただけで全て理解できるわけではありませんが、全体像を把握するにはとても分かりやすく、いい作品です。

かなり衝撃的な映像も出てきますのでご注意ください。

戦火の記憶 (吹替版)

これも映画ではなく、ナショナルジオグラフィックの番組です。

第二次世界大戦における個人の体験談を収録。血みどろの戦線を日一日、刻一刻、一分一秒と生き延びた退役軍人をはじめ、戦争を目の当たりにした一般市民のさまざまな視点からその戦争体験に迫る。番組の随所に、戦闘の様子や絶望と破壊の惨状をとらえた映像を豊富に織り込みながら、地理的状況と軍事戦略を明解に記した地図を駆使し、分かりやすい解説とともにお届けする。
(Amazonビデオの説明より)

先ほどの作品は第一次世界大戦でしたが、今回は第二次世界大戦です。

全3話で第二次世界大戦の流れをざっとつかむことができます。

こちらも衝撃的な映像が出てきますのでご注意下さい。

ヒトラー ~最期の12日間~ (字幕版)

最後は映画です。

第二次世界大戦のキッカケを作った人物「ヒトラー」に焦点をあて、ヒトラーの最後の12日間を描いています。

1945年4月20日。ソ連軍の砲火が押し寄せるベルリン。ヒトラーとその側近たちは、総統官邸の地下要塞に避難していた。もはや敗戦を疑う者はいなかったが、正常な判断力を失ったヒトラーは、わずかに残った軍勢に戦況の挽回を命じ、惨状をさらに悪化させてゆく。
(Amazonビデオの説明より)

すでにドイツの敗戦は誰の目にも明らかだったのですが、その事実を受け入れられないヒトラー。

独裁者ゆえに裸の王様になり果て、醜態をさらす場面が多く、ヒトラーの苦悩が丁寧に描かれています。

私たちは意外とヒトラーの事を知らないんですよね。

「考えたくない」というのが深層心理かもしれません。

この作品はヒトラーに正面から向き合い、人間臭いヒトラーを描き、ヒトラーについて考えるキッカケを与えてくれます。

もちろんヒトラーだけでなく、ドイツ軍兵士やドイツ国民の苦しみ・苦悩についても描かれています。

決して「楽しい」作品ではありませんが、見ることにとても意味のある、すばらしい作品だと思います。

最後に

いかがでしたか?

最初の2作品で世界大戦に興味を持ち、次に世界大戦の全体像を把握し、最後に「ヒトラー」の最後をじっくりと見る。

この5作品で世界大戦について興味を持ち、また理解が深まれば幸いです。

そして二度と同じような悲劇が繰り返されないよう、私たちにできることはないか、考えていきたいですね。

また、世界大戦について学ぶためには世界の地理も把握する必要があります。

そんな時は地球儀がオススメです。各国の位置関係や大きさなどが分かりやすく、平面の地図ではこうは行きません。

楽しみ方は自由自在!さあ、世界に目を向けよう!地球儀で!

2016.06.30

地球儀で戦争や歴史についての理解が深まればいいですね。

それと戦争に関する作品を見て気持ちが重くなったら、以下のようなちょっとおバカな作品を見て、気持ちをリセットしてくださいね。

Amazonビデオの「プライム対象」でおもしろくて笑った作品 5選!

2016.07.18
スポンサーリンク
スポンサーリンク