ぜひ皆さんに使っていただきたい「コスパ最強」のウォーターサーバー「アルピナウォーター」

スポンサーリンク

はじめに

こんにちは。神戸や大阪など関西を中心に活動している経営コンサルタントの荻田(オギタ)です。

さて、今回ご紹介するのは「ウォーターサーバー」です。

「いったい何社あるんだ!」

というくらい多くの業者がひしめき合っているウォーターサーバー業界。

日本の水は世界的にも非常に高い品質だと言われていますが、それでも飲んでみると「水道水」のニオイがしますよね。
安全性は問題ないと思いますが、できればおいしい水が飲みたい。

しかしそれだけなら別にペットボトルの安い水を買って飲んでもいい。
実際、私はウォーターサーバー以外にペットボトルの水も購入し、利用しています。
ジムに行くときは500mlのペットボトルの方が持ち運びできて便利です。

コスト的にはウォーターサーバーよりもペットボトルの水の方が安いですからね。

それでもウォーターサーバーを利用する理由。

それはやはりなんといっても「いつでもおいしい水が即座に冷たい水や熱いお湯で飲める」こと。

もしもペットボトルの水だけでこれをクリアしようとすると、冷たい水を飲むためには冷蔵庫に入れておく必要があり、いつでも熱いお湯を使うためには電気ポットにペットボトルの水を入れておく必要があります。

もちろんそれも不可能ではないのですが、やっぱり忘れてしまうんですよね。
冷たい水を飲もうと冷蔵庫を開けると、ペットボトルの水を入れ忘れていた。
コーヒーを飲もうとしたら、電気ポットの水がほとんどなかった。などなど。

ちょっとしたことなんですけど、やはりストレスになるんですよねー。

ですので少しコストがかかっても、やはり便利なウォーターサーバーは魅力的です。

私が重視した条件とは?

ウォーターサーバーに何を求めるのかは人それぞれですが、私はちょうど一年ほど前にさまざまなウォーターサーバーを調べました。

私が重視したのは以下の条件です。
※()内のパーセントは私の中での「重要度」を示しています

  1. 安全性が高い(50%)
  2. コストが安い(30%)
  3. 毎月のノルマがない(12%)
  4. 原料が天然水(5%)
  5. 追加の水をWebで注文可能(3%)

優先順位が高い順に並べてあります。

特に重要なのは1〜3です。

安全性

わざわざお金を出してお水を買っているのに、安全ではないなど、あり得ません。
まず第一は「安全を買っている」といっても過言ではありません。
ですので当然ではあるのですが、これは絶対に確保していただきたいですし、信頼できる方法で安全性を示していただきたいですね。

コスト

いくら「安全・おいしい」と言われても、コストが高いと維持するのが大変です。

恐らく今回ご紹介するウォーターサーバーはコスト的にも「業界最安」といっても過言ではないと思います。

ノルマがない

最近はノルマがない業者が増えたように思いますが、以前は「一ヶ月に○本」という定期配送が主流だったと思います。
消費スピードよりもノルマの方が多くなると、ボトルがたまってきます。
そんな無駄はいりません。必要な時に追加注文したいですよね。

原料が天然水

せっかくお金を出して買うんですからねー。

濾過をすることで純水に近くなっているといっても、やはり天然水がいいですよねー。

Webで注文可能

電話だと面倒ですし、証拠が残らないので「あれ?いつだったっけ?」となる可能性もあります。
Web注文ができれば当然注文後の確認メールも来ますので、「いつだったっけ?」と思ったときに簡単に調べることができます。

これらの条件すべてを満たした「アルピナウォーター」

さて、これらの条件を加味した上で私が色々と調べて「これだ!」と判断したのが今回ご紹介する「アルピナウォーター」です。

一年以上利用してみて、特に不満もなく、皆さんに自信を持ってオススメできます!

アルピナウォーターは「北アルプスの天然水をRO処理によって99.9%の不純物を除去したピュアウォーター」です。

はい、まず「原料が天然水」はクリアですね。

それと「RO処理によって99.9%の不純物を除去したピュアウォーター」ですので、安全性も問題ないです。

さらに設備は最先端のオールロボット工場だそうで、生産ラインに入ったボトルは、お水を詰められてからキャップ、シールがされるまで一切人の手が触れることがないそうです。

また、だいたい一ヶ月に一回くらいの頻度で「放射性物質検査」を行っており、その結果もホームページで公開しています。

2011年3月から2016年5月現在まで、放射性物質は検出されていません。

定期的に検査結果の報告もされており、信頼できそうです。

これで「安全性」もクリア。

次にコスト。これも驚くほど素晴らしいです。

あえて他の業者の金額は載せませんが「ノルマなし、天然水」の条件を加味すれば、私が調べた限りでは業界最安値です。(2016/06/13現在。税抜)

  • ウォーターサーバー代:572円/月
  • お水代:948円/12リットルのボトル1本あたり
  • 配送料:無料

仮に一ヶ月に12リットルのボトル2本を消費する場合、一ヶ月あたりのコストは2,468円(税抜)です。

更にキャンペーンをしている時は、最初の数本が無料になることもあります。

他社批判にならないよう、他社の情報は載せませんので、お手数ですがご興味のある方は調べてみて下さい。

これでコストもクリア。

それとノルマですが、もちろんありません

水がなくなってきたらWeb上で注文できます。
ただし追加注文は3本から可能です(12リットルボトルの場合)。

おお、これで私が重視した条件を全てクリアしました!

安全で安くておいしいお水が便利なウォーターサーバーで楽しめます!

最後に

いかがでしたか?

ウォーターサーバーは毎月コストがかかるものです。

一番大事な安全性を確保しながら、できるだけ低コストで利用したいですよね。

これからウォーターサーバーを利用してみようという方、すでに利用しているが、アルピナウォーターの方がいいな、と感じた方、ぜひ一度、ご検討ください。

とってもオススメですよー!

また、ミネラルウォーターの使い分け術について記事にまとめました。

ミネラルウォーター 使い分け術(利便性、節約、防災対策)

2016.12.06

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク