アロエベラという謎の食材を購入。その効能や味は…?

スポンサーリンク

こんにちは。神戸や大阪など関西を中心に活動している経営コンサルタントの荻田(オギタ)です。

アロエベラってご存じですか?

アロエは聞いたことありますよね。

傷口に貼ると早く治るっていう、あれです。

アロエベラもその名の通りアロエなのですが、たまたまスーパーに売ってたそれは、私が知ってるアロエじゃなかった。

なんなんだ、これは。

形はアロエだけど、大きさが。大きさが。

その圧倒的ビジュアルに思わず目を奪われ、気がつくと買い物カゴに入ってました。

その巨体は当然買い物カゴには収まらず、はみ出た部分が他のお客さんを傷つけないよう、注意深く歩いたものです。

大きさはこんな感じ。

iPhone SEと比較。でかい

iPhone SEと比較するのがおこがましいほどの圧倒的な大きさ。

これがスーパーに売ってたら、立ち止まっちゃうでしょ?

下の部分は厚みもかなりありますよ。

厚みもかなりあります

さあ、このアロエベラ、一体何者なのか。

買って帰ってから調べました。(事後調査)

するとなかなかスゴイ食材らしい。

何がスゴいかというと

  • 紀元前から薬用、不老不死、美容健康などに使用されていた
  • 世界各国で活用されていたという記録もある
  • ビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、ポリフェノールなど栄養満点
  • キズや火傷、血圧低下、糖尿病、便秘、美肌、歯垢、歯肉炎など効能多数

といった感じ。

うーん、すごい。なんだかすごい。

「アロエ属」に属する多肉植物の一種で、暖かいところでしか栽培できないらしく、日本で沖縄だけらしい。

確かに私が購入したのも沖縄産でした。

沖縄産。680円。

金額は680円。正直高いのか安いのかも分からない。

さあ、では四の五の言わず食べてみよう。

一応スーパーに食べ方、切り方など書いていたので数分そこで立ち読みしました。

用途は

  • ヨーグルトに混ぜて
  • サラダに入れて

くらいしか書いてなかったと思います。

アロエヨーグルトってありますもんね。

それとむき方も書いてあった通りに実践してみます!

まずは食べる分だけカットするのですが、まな板には収まりません。規格外です。

当然まな板に乗り切りません

端っこを切ってみます。

包丁を入れると軽く力を入れるだけでサクッと切れます。

不思議な、そしてクセになる触感です。

そして断面を見てビックリ!

サクッと切れた断面が透明でスゴイ

うわー、すごい。透明だー。トロッとしてて、透明だー。

とりあえず食べる分だけカット。今回は2切れだけ。

残ったアロエベラは「切り口にラップをかけて冷蔵庫に入れておく」と結構日持ちすると書いてありました。

(どれくらい持つかは書いてませんでしたが。)

余ったアロエベラは切り口をラップして冷蔵庫へ

恐らくアロエベラ自体に殺菌作用があって、腐りにくいんでしょうね。あくまで私の予想ですが。

さあ、食べるためにカットしたものを見てみましょう。

これまでに見たことがない、不思議なビジュアルです。

とても食べ物とは思えません。

向こうが透けてるぜ

周りの皮の緑色と中の透明部分のコントラストが美しく、うっすらと向こうが透けて見えるのが幻想的です。

思わず見とれてしまうほど、なんとも不思議な感じです。

そしてこの分厚さ。

キャッキャ言いながらひととおり愛でたら調理再開。

アロエベラのフチはエッジがきいており、ここにはトゲがあります。

フチにトゲがあります

このトゲのあるフチを包丁でカットします。

フチをカット

後は上下の皮を包丁で切り取るだけ。

透明の部分はスッと包丁が入るくらい柔らかいので、皮をむくのも簡単です。

皮をむきます

むき終わると透明の分厚い物体がっ!

寒天のようなビジュアル

見た目は寒天のようです。

表面はヌルヌルしています。

ちなみにこのむいた皮お風呂に入れると美肌効果が期待できるそうですよ。

この皮はお風呂に入れるといいとか

せっかくなのでこの日の晩にお風呂に入れてみましたが、これを入れたからお湯がトロトロになるということはありませんでした。

また、肌への効果が実感できたわけではありませんが、皮のヌルヌル部分を肌に塗りつけて遊びました。

女性なら顔に貼ってパック気分を満喫するのも良いでしょう。効果は分かりませんが。

さて、では透明部分をもう少し食べやすい形にカットしましょう。

ヨーグルトに入れるなら、ナタデココみたいにサイコロ状に切るんですかね。

今回はサラダに入れるので、スライスします。

スライス

スライスすると、さらに不思議な感じがします。

完全に寒天に見えます。

そして切ると更にヌルヌル感が増しました。

恐らくカットすることでアロエベラの成分が出てくるんでしょうね。

ヌルヌル、ネバネバします

ここで何も味付けせず、アロエベラを一切れ食べてみました。

少し青臭い感じはしますが、それほどクセはありません。

というか味はありませんね。少しだけ、ほんの少しだけ苦味も感じます。

アロエというと苦いイメージがあるのですが、アロエベラはほとんど苦味はありません。

そもそも味よりも食感のインパクトがスゴイです。

ヌルッとした表面、噛むと寒天のような触感。しかし寒天とも何か違う。とにかく不思議な食感です。

あとは盛りつけるだけ。

今回は新玉ねぎのスライスの上にアロエベラとミニトマトを乗せたシンプルなサラダ。

サラダ完成

写真では新玉ねぎの上に乗せるとアロエベラの存在が分かりづらいですが、実際はキラキラと輝く謎の透明物体が異彩を放っており、知らずにこれを出されたら目が点になると思います。

ドレッシングをかけて完成!

ドレッシングをかけていただきます

まあ先ほど味付けなしで食べたので、大体予想は付きましたが、ドレッシングをかけることでアロエベラの青臭さは全くなくなりました。

苦味も感じませんが、連続でパクパクと食べると遠くの方に、すんごく遠くの方に若干ですが苦味を感じます

これくらいなら苦いのが苦手な方も大丈夫です。

まあ正直クセもなければ味もないので美味しいというものではありませんが、まあ体にいいのが売りですからね。

まだまだ山ほど残っていますが、健康のためにこの一週間ほど食べ続けたいと思います。

ただ、私は非常に健康体で血圧も正常値、そして便秘でもないので、アロエベラを食べ続けても効果は実感できない可能性が高いですね。

ですのでもしも「おおおっ、なんか食べ続けてここが変わったぞっ!効果が実感できたぞっ!」ということがあれば、ご報告したいと思います。

もしスーパーでアロエベラを見つけたら、美容健康に興味のある方はお試しください。

たぶん売ってないと思いますが。

スポンサーリンク
スポンサーリンク