AirPodsを外している時に音楽再生すると、音はどこから出る?

スポンサーリンク

こんにちは。神戸や大阪など関西を中心に活動している経営コンサルタントの荻田(オギタ)です。

さて前回の記事で大絶賛した「AirPods」

AirPods最高!ファーストインプレッションでもうメロメロ!

2016.12.19

まだ二日目なのですが、AirPodsの少し変わった特徴を見つけたのでレポートしたいと思います。

AirPodsの特徴の一つ、「耳から外すと音楽が自動停止する」という機能は、使ってみれば分かる便利さでした。

そして再度耳に装着すると自動的に音楽が再開するのですが、耳から外した状態でiPhone本体で音楽再生の操作をしたらどうなるのか?

そんな素朴な疑問がでてきたので試してみました。

例えば普通のBluetoothヘッドホンの場合。

普通のBluetoothヘッドホン(装着時)

普通のBluetoothヘッドホン(非装着時)

当たり前ですが、普通のヘッドホンは装着・非装着を認識しませんので、どちらの場合でも音はヘッドホンからでてきます。

ちなみにAirPodsは耳から外した時に音楽はストップしますが、当然Bluetooth接続は解除されていません。つながっています。

ですので普通のヘッドホンと同様、AirPodsを耳から外してもiPhoneと接続されているので、その状態で音楽再生するとAirPodsから音が出るはずですよね。

しかしAirPodsは違うんです!

AirPods(装着時)

AirPods(非装着時)

なんとAirPodsは装着していない時でもBluetooth接続されているのに、音楽再生するとiPhoneから音がでるんです!

つまりBluetoothの接続状況ではなく、装着・非装着でどちらから音を出すのか、きちんと判断してくれているんですね。

いやー、きめ細やかな仕様ですね。色々な状況を加味して設計されているのがよく分かる機能です。

自動的に切り替えてくれることで、AirPodsで聞いたりiPhoneで聞いたり、簡単に使い分けられるのは便利ですよね

しかし注意が必要です。外で使用時、AirPodsを耳から外して音楽が停止した状態で、何かの拍子にiPhoneで再生の操作をしてしまうとiPhoneから音がでちゃいますからね。

とても静かな場所だったら…

人に聞かれると恥ずかしいものを聞いていたら…

皆様、十分にご注意くださいませ。

AirPods最高!ファーストインプレッションでもうメロメロ!

2016.12.19

スポンサーリンク
スポンサーリンク